菅田将暉はマイナスで菜々緒はプラス?デート報道の「対応の差」

(C)まいじつ

俳優の菅田将暉と女優の菜々緒が宿泊とデートを女性週刊誌に報じられた。最近一気に人気を高めてきた伸び盛りの俳優のデート報道だっただけに、水面下では“火消し”の攻防も見られたという。

報道によれば、2月中旬の夜に高級焼き鳥店でデートしたあと、ふたりは菜々緒のマンションへ移動し、13時間後に菅田が出てきたという。ふたりは昨年放送の大河ドラマ『おんな城主 直虎』でも共演していたように、接近する機会はあったとされている。

だが、交際関係を否定する関係者もいる。

「菅田は以前、本田翼とのデートが報じられたこともありましたが、今回は熱愛と呼べるような話ではなさそうです」(芸能関係者)

ただ、今回の報道に対しての双方の所属芸能事務所の対応には、大きな違いがあったという。あるテレビ局関係者は次のように言う。

「菅田のところは火消しに躍起でした。大きなCM契約先も持っているし、ドラマや映画などの仕事はひっきりなしに入っていて、売れ始めた菅田ですから、熱愛報道は決してプラスには働きません。しかも、今回の相手は清純派とは遠いイメージのところにいる菜々緒です。年上でしかも、エロささえ漂わせているお姉さんにしてやられたとなれば、菅田サイドにとっては火消しに走るのも無理はありません」

 

菜々緒も4月から主演ドラマを控えるが…

一方の菜々緒にしても現在、木村拓哉主演の連続ドラマ『BG~身辺警護人~』に出演中で、4月からも連続ドラマの主演が決定している。だが、今回の報道は菜々緒にとってマイナスになるものではないという。

「菜々緒にとっては売れっ子の菅田が相手。しかも年下も転がせる妖艶な女性というイメージは、今後の彼女にとってもプラスに働くイメージです。そのため所属事務所も特に火消しに走ることはなく、余裕の雰囲気だったそうです」(同・関係者)

タレントイメージの差が所属芸能事務所の対応に大きな違いを生んだようだが、ある芸能界関係者は「このデート報道はどう見ても菜々緒にとって大きなプラス。『菅田ははめられたかもね』と言う人も少なくないです」と話す。

芸能界は“生き馬の目を抜く”ような世界とも言われるが、それだけのことはあるのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】