日曜劇場『下剋上球児』視聴率低下の原因は…熱いスポ根シーンをぶち壊す社会派シーンにガッカリ

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

鈴木亮平主演の日曜劇場『下剋上球児』(TBS系)が苦戦している。誰も望まないストーリー展開で、視聴者をヤキモキさせているようだ。

ドラマは、強豪校を次々と破って2018年夏の甲子園に初出場した「三重県立白山高校」をモデルにしたフィクション。鈴木は廃部寸前の弱小野球部を立て直す、元球児の高校教師・南雲脩司を演じる。

「原案や番宣の様子などから、WBC人気にあやかった熱血系のスポ根ドラマになると誰もが思っていました。ガラの悪い高校を舞台に、問題児を集めてチームを編成する流れは王道中の王道。問題児たちがだんだんと野球にのめり込んでいく姿も、何度もこすられた展開ですが、『これでいいんだよ』と支持を集めています。しかし、社会派パートは大不評。こちらの評判が悪すぎて、視聴者が離れているようです」(ドラマライター)