高木美帆「仲間をかばう言葉」が賞賛される

(C)sportpoint / Shutterstock

画像はイメージです(C)Shutterstock

平昌五輪のスピードスケートで金、銀、銅の3種類のメダルを獲得した高木美帆が、テレビ番組に出演したときに毅然とした態度で反論したことに「立派だ」と称賛が集まっている。

高木は2月27日にフジテレビ系列で放送している情報番組『直撃LIVE グッディ!』に出演した。

「高木は3つのメダルを首からかけて出演しました。このとき、メインキャスターの安藤優子が『わー、すごい』といって高木に寄っていき『失礼いたします』と言ってメダルに触りました。これが問題になったのです」(テレビ雑誌編集者)

この安藤の行為に対して、インターネット上の掲示板に多くの批判が書き込まれた。

「『失礼いたします』という前に、『触っていいですか』と聞くべきだろうと批判の的になったのです」(同・編集者)

しかし、安藤には悪気がなかったという意見もある。

「安藤はニュースキャスターをやっていたと思えないほどミーハーな性格です。よく番組内でも『軽くてすみません』と謝ることがあります。高木もメダルを触られて嫌な顔をしていなかったので、逆に高木の人柄のよさが感じられました」(フジテレビ関係者)

 

「ミス」と言われた高木は…

番組では高木の滑りを称え、話題は団体パシュートのことへと移っていった。

「決勝のオランダ戦で一緒に出場した佐藤綾乃が、コーナーでバランスを崩す場面がありました。それを番組では『ここで佐藤選手がミスしましたね』と言った。高木は一瞬、顔を曇らせながらもそのときの状況を解説していましたが、“ミス”という言葉に反応していました」(同・関係者)

そして、高木の出演が終わる前に、こう切り出した。

「高木は『最後に言わせてください』と断った上で、『あれはミスではありません。佐藤は疲れていたのです』と言い切りました。このとき安藤は『素人がミスと言ってすみません』と謝っています。仲間の健闘が不名誉な評価をされないように訂正させた高木の行動は関係者から称賛されています」(スポーツ紙関係者)

日本のスピードスケート界に名前が残る活躍を見せた選手は、リンクの外でも賞賛される存在になりそうだ。

 

【画像】

(C)sportpoint / Shutterstock

【あわせて読みたい】