中居正広が人気ドラマ「味いちもんめ」を引っ提げ事務所移籍へ

「大手芸能事務所のB社とH社は、中居がジャニーズから出るようなことがあれば絶対獲得しようとするでしょう。とくにH社の社長はジャニーズが大嫌い。出演者の問題で、これまで何度も煮え湯を飲まされた。そのうち獲得宣言を出すかもしれません」(芸能プロ関係者)

『SMAP×SMAP』で生放送で行われたの釈明会見では、木村拓哉が真ん中に立って仕切り、リーダーのように振る舞った。だが、あくまでグループ内のリーダーは中居。木村は謝罪放送時に事務所が決めた新リーダーであって、統率力はない。

「ジャニーズ事務所は中居の力を削ぐために、現在担当『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)の番組名を『――スマイルたちへ』にタイトル変更するなど、中居外しを見せてきた。おそらく、今後『木村拓哉の~スマイル~』に変える伏線ですね」(芸能事務所関係者)

中居と事務所との契約は9月までとされている。もともと、ジャニーズ事務所は去る者は追わない体質。ただし、必要以上に恐怖心を植え付けて放逐するのも、これまでの歴史を見ると確かだ。

「これまでジャニーズのイジメで芸能界が嫌になった者は多い。例外は郷ひろみ、本木雅弘、薬丸裕英など。彼らは大手芸能事務所のバックアップを受けて、現在も多方面で活躍している。中居がそうなるのも確実です」(アイドル評論家)