『下剋上球児』日曜劇場で最低の失敗作品に! 視聴率振るわず、作品の“資産価値”もほぼナシの評価

鈴木亮平 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

俳優の鈴木亮平が主演を務める日曜劇場『下剋上球児』(TBS系)が、日曜劇場史に残る大爆死となりそうだ。

ドラマは、強豪校を次々と破って2018年夏の甲子園に初出場した「三重県立白山高校」をモデルにしたフィクション。鈴木は、廃部寸前の弱小野球部を立て直す、元球児の高校教師・南雲脩司を演じる。


【関連】今度は黒木華の淫行疑惑…日曜劇場『下剋上球児』大人の問題シーンばかりにゲンナリ「次から次へと」 ほか