『呪術廻戦』五条悟vs羂索が実現する可能性は? 漫才で出てきた「引っ越し」は伏線なのか

『呪術廻戦』五条悟vs羂索が実現する可能性は? 漫才で出てきた「引っ越し」は伏線なのか

『呪術廻戦』24巻(芥見下々/集英社)

人気漫画『呪術廻戦』が、11月27日発売の『週刊少年ジャンプ』52号で衝撃の展開を迎えた。黒幕として有力視されていたキャラクターが敗北を喫し、読者の間でより一層混沌とした展開が始まると予想されている。

※『呪術廻戦』最新話の内容に触れています

お笑い芸人の呪術師・髙羽史彦と「死滅回游」の仕掛け人である羂索は、岩手・御所湖の結界(コロニー)にて戦いを繰り広げてきた。第243話『バカサバイバー!! ~さんざめけ~』で、その戦いが大きく動く。

「ウケる」と確信したイメージを強制的に現実化する髙羽の術式「超人(コメディアン)」に苦しめられた羂索は、あえて一緒にコンビとして漫才を披露する奇策に打って出る。そして漫才を終えた時、髙羽は満ち足りた表情で地面に横たわっていた。

勝利したかと思われた羂索だったが、その瞬間に刀を構えていた乙骨憂太が登場。混乱のなかで首を落とされるという結末を迎えた。

羂索は「死滅回游」をはじめとした惨劇を引き起こしてきた張本人であり、宿儺と並ぶ主人公サイドの宿敵として描かれてきた。そんな人物があっさり敗北を喫したことで、読者に衝撃が走ったのは言うまでもないだろう。

しかしその一方、羂索はタダでは物語から退場しそうにない雰囲気も漂わせていた。首だけになった羂索は、今わの際で“自分の意志が受け継がれる”と語っていたが、この言葉をめぐってさまざまな考察が飛び交っている。

最期に残したのは呪いの言葉

羂索は他人の肉体を乗っ取る能力によって、千年以上にわたって生き延びてきた人物。その術式の発動条件などは明かされていないが、首を落とされた夏油傑の肉体から別の肉体へと移ろうとしているのかもしれない。

今回描かれた漫才のなかでは、「引っ越し」というワードが出てきていたため、これが伏線ではないかとも推測されている。そして乗り換え先の肉体の候補としては、長らく生死不明となっている釘崎野薔薇の名前も挙がっているようだ。

また羂索の言葉について、肉体の乗っ取りではなく、「自分の死後に他の人物が意志を受け継ぐ」というメッセージとして捉える説もある。そこで白羽の矢が立っているのが、呪術界の大物・天元だ。

羂索は薨星宮での戦いで天元の身柄を奪ったが、その際に何かを仕掛け、自分に何かがあった時に意志を受け継がせることを企んでいたとも考えられる。さらに夏油の肉体には、呪霊操術によって多数の呪霊が取り込まれているはず。羂索の死亡によって、その呪霊が暴走する可能性もあるだろう。

なお10月30日に発売された『ジャンプGIGA 2023 AUTUMN』では、表紙に五条悟と羂索の姿が描かれており、2人の直接対決が予想されていた。いずれも作中で死亡描写があったものの、ここからどんでん返しがあり、羂索が肉体の乗っ取りによって復活すると共に、五条も何らかの形で復活を遂げ、あらためて対決する展開が待っているのかもしれない。

さまざまな考察が乱立しており、「呪術廻戦」は連載開始以来の盛り上がりを見せている。今後も先を予想できない展開が続きそうだ。

文=「まいじつエンタ」編集部
写真=まいじつエンタ