松本潤『どうする家康』リアルすぎる“老けメーク”に感嘆の声! 『ちむどんどん』ではコントのような低クオリティーだったが…

松本潤 画/彩賀ゆう 

現在放送中のNHK大河ドラマ『どうする家康』の老けメークが注目を集めている。

12月3日に放送された第46話『大坂の陣』では、タイトル通り、歴史上の大合戦〝大坂の陣〟について描かれた。

豊臣家復活を願う方広寺の鐘に、家康(松本潤)を呪う言葉が刻まれたという。家康は茶々(北川景子)が徳川に従い、人質として江戸に来ることを要求。激怒した大野治長(玉山鉄二)は、両家の仲介役・片桐且元(川島潤哉)の暗殺を計画する。