SMILE-UP.は“衣替えジャニーズ”なのか? このまま芸能プロダクションとして存続していく可能性も

(C)まいじつ 

SMILE-UP.社(旧ジャニーズ事務所)が、このまま芸能プロダクションとして存続するのではないかという見方が出はじめている。

「9月の会見でジャニーズ事務所の新社長に就任した東山紀之は、〝ジャニーズ〟という名前を残したいと発言。しかしあまりに批判が大きく、その後の会見で名前をすべて排除すると発表。性加害問題の補償会社としてSMILE-UP.に改名すると発表されました。スマイル社は別の芸能プロを設立するとも発表。エージェント会社A社(社名未定)の社長として福田淳氏が社長に就任し、スマイル社内であいさつをしているものの、タレントが契約しているという話もほとんど聞きません」(スマイルライター)

【関連】旧ジャニーズへの忖度疑惑で大騒動!『ベストアーティスト』TOBE所属グループの出演時間が短すぎた理由 ほか