『葬送のフリーレン』は“なろう系”なのか? ハンバーグ、紙巻きタバコ、ゴリラの存在を巡って物議

『葬送のフリーレン』は“なろう系”なのか? ハンバーグ、紙巻きタバコ、ゴリラの存在を巡って物議

『葬送のフリーレン』は“なろう系”なのか? ハンバーグ、紙巻きタバコ、ゴリラの存在を巡って物議 (C)PIXTA

2023年一番の大ヒットアニメとなった『葬送のフリーレン』(日本テレビ系)だが、その設定にツッコミの声が増え始めている。辛らつな意見のなかには、本格ファンタジーの皮をかぶった“なろう系”ファンタジーという指摘も見られる。

ハンバーグに紙巻きタバコ、ゴリラの存在…

初回の『金曜ロードショー』2時間SPで注目を浴びてからしばらく経つが、「葬送のフリーレン」の注目度はいまだに高い。12月1日に放送された第13話『同族嫌悪』は平均個人視聴率2.2%、平均世帯視聴率3.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)で、『ONE PIECE』(フジテレビ系)や『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系)を上回ったほどだ。

「葬送のフリーレン」の魅力といえば、魔族や魔法が登場する壮大な世界観にあるが、ファンタジー作品として見ると設定が甘いという指摘もある。たとえば先日大きな議論を呼んだのが、ハンバーグの存在だ。

ドワーフ族であるアイゼンの故郷では、精一杯頑張った戦士のためにハンバーグを振る舞う風習がある。しかしハンバーグは、ドイツの地名であるハンブルクに由来するとされており、異世界ファンタジーにはそぐわないと批判を浴びてしまった。

さらにその後のエピソードでは、紙巻きタバコを吸っているキャラクターが登場。現実では、紙巻きタバコは19世紀半ばに浸透した嗜好品なので、中世ヨーロッパ風の世界観とは馴染まない描写だと指摘されている。

そのほかにもゴリラという名称が出てくるなど、独特の世界観を展開しているため、《ハンバーグはまだいいとして、流石に紙巻きタバコはどうなのよ》《この世界ってゴリラいるのか》《ゴリラの存在を知っているってことは熱帯出身なの?》といった声が飛び交っていた。

「本格ファンタジー風」ゆえの悲劇

「原作漫画の『葬送のフリーレン』は、昨今流行りのなろう系とは一味違った硬派な作品として売り出されてきました。アニメでもそれは変わらず、高級感のある画面作りが徹底されています。そもそも金曜ロードショーでの放送が実現したのも、一般ウケするという判断があったからでしょう。

しかし、セクシー要素や萌え要素はほとんどないため、なろう系とは作風が違うものの、かといって『ハリーポッター』や『指輪物語』のような本格ファンタジーほど設定が固まっているかといえば、微妙なところ。

世界観を混乱させる固有名詞が登場するほか、キャラクターの服装が“旅人の格好じゃない”との指摘も上がっています」(アニメライター)

これらの指摘に、ファンのあいだでは《アニメと現実を混同するな》《フィクションにリアルを求めるのはしょうもない》といった反論も上がっている。

「つい先日には、実写版『ゴールデンカムイ』の衣装をめぐって、アニメやマンガのファンから激しいツッコミが巻き起こったばかり。大自然でサバイバルする世界観にもかかわらず、衣装が綺麗すぎるため、リアリティがないと指摘されていました。一方で実写作品に世界観との整合性を要求している以上、アニメだけ例外扱いなのもおかしな話です」(同)

とはいえ、「葬送のフリーレン」は公式に「本格ファンタジー」と謳った作品ではない。肩の力を抜いて、 “ナーロッパ”ファンタジーとして楽しんだ方がいいだろう。

文=「まいじつエンタ」編集部

【画像】

master1305 / PIXTA