無礼な態度連発「月曜から夜ふかし」ディレクターに非難轟々

(C)leungchopan / Shutterstock

(C)Shutterstock

3月5日の深夜に放送された『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)の企画で、番組ディレクターが一般人に対して横柄な態度を取り続けたことに対して視聴者から多くの批判を寄せられている。番組中にMCのマツコ・デラックスと『関ジャニ∞』の村上信五も苦笑いを浮かべていた。

この日の番組内容は通算21回目の企画『言われてみれば見た事がないもの』だった。

青森の五所川原にあるモスバーガーに電話をかけ、「もすもす、モスバーガーです」と青森の方言である“もす”を連発しないか確かめ、「もすもす」と発さないことを知るや、店に改めて電話して無理矢理に「もすもす」と応答させた。

なおもやりたい放題の番組スタッフは、パン屋のトレイから滑って落ちやすいパンを公園の滑り台から放ち、実験して確かめた。ディレクターはマツコと村上に予想させ「しょうもない」、「勝ったらどうなるんだよ」などと呆れさせていた。

また番組制作側は、芸人にものまねされていない芸能人を調べ、ものまね芸人の原口あきまさに村上の真似をさせる企画も用意。考え込んで村上の口調を真似した原口に対し、番組スタッフは原口の左手薬指を見て「ものまねが似てた驚きよりも結婚していた驚きの方が強い」と話をそらし、原口を不機嫌にさせていた。

そして極めつけは、銭湯への取材のとき。マスクを着けた番台の女性に「インフルエンザですか?(マスクを)取ってもらってもいいですか?」と女性を茶化しながらインタビューした。

 

「このディレクターはいつも発言が失礼」

この数々の無礼な行為に、多くの視聴者がツイッターへ批判を投稿した。

《下らんというか失礼すぎるだろ。大人が真面目に考えた企画とは思えん》
《あの人の企画はいつも発言が失礼だし嫌いだよ。不快。見なくなった原因の1つだ》
《人への当たりはだいぶ失礼だと思う。相手もイラッとしてるのこっちまで伝わるし》
《あいつの非常識な態度と構音障害の人を笑うような企画を推し出してから見なくなった》
《このコーナーの頻度上がってるよね?ずっと見てきたけど。そろそろ見るのやめ時かな》
《Dは、終始へらへらしてっから、小馬鹿にしてるように見えるし、不愉快にさせるんだよ》

このように、主に番組ディレクターへの批判が集中している。

ディレクターの暴走を止められるのはマツコぐらいしかいないのかもしれない。

 

【画像】

(C)leungchopan / Shutterstock

【あわせて読みたい】