今井絵理子議員「息子を一番愛している」発言でブログ大炎上

(C)mikeledray / Shutterstock

(C)Shutterstock

自民党の今井絵理子参議院議員の不倫疑惑が発覚してから8カ月。会見で「一線は超えていない」との“名言”を残したのも記憶に新しい。

相手の橋本健元神戸市議は、政務活動費の不正請求で辞任したあと、歯科医に戻っている。

「橋本元市議は奥さんと離婚に向けての話が進めています。家族で住んでいた高級マンションの一室を売りに出したり、愛車を売ったり…。慰謝料やふたりの子供の養育費を工面するのが大変そうです」(政治ライター)

一方の今井議員は騒動後に極力表に出るのを控えていたという。

「今井議員は昨年10月の衆議院総選挙で応援演説も全くしていません。橋本氏は恨めしく思っていることでしょう。議員にしがみついていれば、2000万円以上の年収が得られるのですから」(同・ライター)

 

3月4日に更新したブログで…

そんな今井議員は、年が明けてから少しずつ顔を出し始めていたのだが、3月4日に更新したブログの内容がまたまた炎上してしまった。タイトルは『耳の日メッセージ』で、震災後教育の視察や自民党内の会議の様子など議員としての活動を報告しつつ、3月3日が『耳の日』であることにも触れている。ブログには、耳に障害がある息子の写真とともに、その成長を喜ぶ文章がつづられていた。

そのブログの最後には、次のように書かれている。

《私にとって、誰が何と言おうが、息子を一番愛しています。》

今井議員は聴覚障害について理解を求める活動を地道に続けてきたが、この最後の一文がもとで、今井議員には批判が相次いだ。

《ぶん投げで母親ズラは無い》
《橋本健元市議のお子さんは、寂しい耳の日です。今井絵里子のせいで離婚調停中のお父さん居ないので。》
《胡散臭い笑顔ー。不倫なんてする母親の子供なんてとっても可哀想》
《息子を1番に愛してるなら不倫するか?好感度あげるために息子を使うなや!自分の態度 行動で好感度を取り戻せや!》
《気色悪いわ。あんた、なんか怖いわ》
《不快です。「子の親として生き様を見せられない人間に、国民の範たりえるとはとても思えない」と書かれでしたよ。激しく同感でした。 子どもを曝け出して可哀想すぎる。分かってなくて笑ってる笑顔が切ない。》

まるで昨年の不倫が繰り返されたかのような炎上騒ぎになっている。

今井議員は2月13日に栃木県の真岡青年会議所主催の賀詞交歓会で講演した際、「『SPEEDの今井絵理子』と言った方がしっくりくる方も多いと思いますが、えー、去年ですね、いろいろありまして」とあいさつしていたことが報道されている。

腹のなかでは舌を出しているのかもしれない。

 

【画像】

(C)mikeledray / Shutterstock

【あわせて読みたい】