自称タイムトラベラーが語った「9.11テロ」の起きた理由

西暦2043年に生まれ、タイムトラベラーだと自称する男性が、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロが起きた理由を明かした。

マイケル・フィリップスと名乗るこの男性は、タイムマシンを乗りこなして西暦2138年の世界も見てきたという。超常現象を扱うサイト『アペックスTV』がこの男性にインタビューし、その動画がYouTubeに投稿された。動画は真っ暗で顔が見えないようになっている。

フィリップス氏は「2008年にアメリカで内戦が勃発することになっていました。ところが2036年から2000年にやってきたジョン・タイターというタイムトラベラーが時間軸を変えて、2008年に起きるはずの内戦を未然に防いだのです。しかし、当然ながら、その時代のアメリカを裏で操るインテリジェンス機関はジョン・タイターのおかげで内戦が起きないことになったのを知りません。機関は『政府への不満がものすごくて、いつ内戦が起きてもおかしくない』と判断し、アルカイダを操り、2001年に同時多発テロを起こさせた。政府への不満をそらすために外敵を作るということです。見事にその作戦がはまり、アメリカ国民の目はアルカイダに向きました」と明かす。

2043年にイギリスで生まれたフィリップス氏は、18歳のときに軍隊に入隊したという。

「数年するとSAS(特殊空挺部隊)にリクルートされました。さらに、『セクション18』という政府機関から連絡を受け、国防省の最下層にある倉庫のようなところに通されました。そこには8フィートほどの回転する楕円形の物体がありました」

その回転楕円体がタイムマシンだ。大量の電力を使って重力歪みを生み出し、時空に穴を開けるのだという。

 

UFOはタイムマシンだという説が浮上

「そのタイムマシンでいくつかのミッションをこなしました。地球の未来がどうなっているか確認するために2138年へ行ったこともありました。環境汚染がひどく、人類は原始人のような生活をしていました。でも、私が生活していた2075年の環境汚染はこの時代(2017年)と特に変わりはありません。文明が荒廃したのには、いろいろな要因がありますが、地球温暖化が大きな一因と考えられています。いまの時代に何とかしておかないといけません」(フィリップス氏)

そしてフィリップス氏は驚くべき証言をした。

「世界中で目撃されているUFOはほかの星から来た乗り物ではなく、タイムマシンなんです。タイムマシンは時間移動するだけではなく、空間も自由に移動できるんです」

UFO=タイムマシンの多くは、どの時代に地球がおかしくなる原因があったのかを詳細に調査するためにやってきているのだという。

 

【あわせて読みたい】