加藤綾子が「NHK英語番組」に出演する理由

フリーアナウンサーの加藤綾子がNHKの英語講座に出演する。

加藤は3月7日に東京都内でおこなわれたNHKの語学番組の発表記者会見に出席し、『世界へ発信!SNS英語術』(NHK Eテレ)に出演することを発表した。

加藤は「英語をずっと学びたかった」そうで、出演オファーを受けた理由に「なかなか踏み込む機会がなかったので、この機会に、と思った」と説明していた。

「加藤はそれなりに英語を理解していますが、会話ができるレベルではないようです。フジテレビ在籍時は、外国人の俳優相手にインタビューする際に通訳を付けていました。向学心があることはいいことだと思いますけど、一昨年、独立する際に、将来的にはニュースをやりたいと言っていました。その後、スポーツ番組『スポーツLIFE HERO’S』のMCになると、今度はスポーツキャスターで頑張りたいと言っています。発言に一貫性がなく、何をやりたいのか、はっきりと見えてきません」(女子アナライター)

 

受難の続くフリーアナ

現在、加藤がレギュラー出演する地上波のテレビ番組はバラエティーの『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)のみ。ニュースやスポーツをやりたいと言っていたのはどうなったのだろうか。

「加藤はテレビ業界での評価を徐々に下げています。なんでもそつなくしゃべれるし、ジャンルも広いのですが、専門性に欠けているので、器用貧乏になりつつあるといった印象です」(テレビ雑誌編集者)

テレビ業界全体の不況は続いている影響で、制作費が増えるフリーアナウンサーは受難の時代だ。加藤も例外ではない。

「迷走しているのが見てとれます。しかし、仕事を選んでいられるような状況でもないのでしょう」(同・編集者)

苦しい日々はまだまだ続きそうだ。

 

【あわせて読みたい】