乃木坂46・高山一実「天然すぎた感想」にツッコミ殺到

(C)まいじつ

アイドルグループ『乃木坂46』の高山一実が、3月14日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)にゲストで出演し、お笑い芸人たちの挑戦企画を見てコメントし続けたが、『ダウンタウン』ら共演者から痛烈なツッコミを浴びた。高山がコメントを発して叱咤を受けるたび、視聴者はSNSに大きな反響を寄せていた。

高山はりゅうちぇるや藤本美貴らとともにゲストとして登場。番組冒頭で放送されたのは、平均台の上で人間がどれぐらい長く生活できるかを検証する企画だった。庄司智春や相撲芸人のあかつら、丸2日間のスケジュールが確保できたという5名の芸人がそれぞれ高さ2メートルのところに設置された平均台の上に乗り、そこから落ちないように日常生活を送るVTRが流れた。

参加芸人は眠気をこらえながらほぼ半日を過ごしたものの、庄司が前触れもなく平均台から落下。芸人としては面白さを発揮できない落ち方に、松本人志は「あいつ…」と呆れたようにコメント。庄司の妻の藤本も「説教ですよね」と苦笑いしていたが、高山は「感動しました!」とスタジオの雰囲気とは真逆のコメントを発した。

これに松本は「それはないやろ」と反応。企画プレゼンターの小峠英二も「感動するようなV(TR)じゃないから!」、「この番組、感動するようなVTRはひとつもないから!」とツッコミを入れ、スタジオは笑いに包まれた。

 

「向いてない出演」という意見の一方で…

ツイッターでは《かずみんも人の良さが滲み出すぎてて水曜日のダウンタウンみたいなパンチ効いた番組には向いてないかな》、《こんな汚れ番組に出る必要ないのにな》と、天然キャラの高山と番組の相性を考え、高山の出演を疑問視する投稿があった。

その一方で、《かずみんのVTR観てる時とかの何気ない言動めちゃめちゃ好き》、《コメントも面白いしさすが 》などと、高山のキャラを支持して、温かく見守る視聴者もいた。視聴者は高山の出演をおおむね好意的に捉えたようだ。

番組序盤では小峠や松本から厳しいツッコミを浴びたものの、ほかの検証企画で高山は、番組の意図に沿ったコメントをして見せた。

実は高山も“バラエティー向き”の芸能人なのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】