「盗まれた仮想通貨が返ってきた!」あの芸人が大喜び

(C)まいじつ

仮想通貨取引所『コインチェック』から約580億円分の仮想通貨『NEM(ネム)』が流出した事件で、被害者のひとりであるお笑いコンビ『藤崎マーケット』のトキが13日、自身のツイッターを更新し、NEMが無事に日本円で返金されたことを報告した。

全貯金をNEMに投資していたトキは、1月にコインチェック流出の被害を受けて、絶望を感じさせる投稿をしていた。

その後『コインチェックにてNEM盗られ日記』をつづるなど、完全にこの事件をネタにしていたのだが、返金はよほどうれしかったとみえる。

 

「次は何に投資?」

トキの投稿には多くの祝福のコメントが寄せられた。

《おめでとうございます(゚∀゚)僕も昨日返ってきました(^^)》
《トキさんよかったねえホントに!!!!》
《よかったーー!!!!》
《確定申告は15日までです。申告期限に間に合って良かったですね。。》

しかし、こういった投稿のなかに混ざって、新たな投資を促す意見もあった。

《良かったですね☆彡 戻ってきたお金でNEM買い戻せば NEMの枚数を増やせます NEMと仮想通貨の本番はこれからです☆彡》
《しっかり眠、買うんや!》
《良かったですね!これからは私の情報も参考にどうぞ。》
《よかったですね。ではそのお金をどの仮想通貨に変えましょうか?》

今回の騒動の発端となったコインチェックは、一部のサービスも再開すると発表している。また、流出の原因として複数の従業員が外部から送られたマルウェアが含まれるメールを開いてしまったことを挙げた。外部のネットワークからこれらの従業員のパソコンを経由して同社のネットワークに不正アクセスし、遠隔操作ツールを用いて、ネムの秘密鍵を盗み出したという。

セキュリティ対策が必要になってくるが、まずは被害者への救済が進んでいることが証明されたといえるだろう。

 

【あわせて読みたい】