至学館大学学長会見が「パワハラの見本」だと話題に

(C)Hywit Dimyadi / Shutterstock

(C)Shutterstock

レスリングの伊調馨選手へのパワハラ告発問題で、加害者といわれている栄和人監督が所属する至学館大学(愛知県大府市)の谷岡郁子学長が3月15日、告発内容へ反論するために記者会見を開いた。

練習場が定まっていないという伊調選手に対し、谷岡学長は「もし母校である至学館で練習する必要があるなら、わたしたちはいつでも歓迎である旨は申しました。栄監督が率いるレスリングチームの道場は彼個人のものではない。わたしが『使わせる』と言えば、伊調馨さんはいつでも使うことができます」と寛容な姿勢を見せたあと、「その程度のパワーしかない人間なんです、栄和人は。パワーのない人間によるパワハラが一体どういうものであるか、わたしには分かりません」と栄氏をかばい、問題になっているパワハラそのものを否定した。

さらに「そもそも伊調馨さんは選手なんですか? そもそも彼女は東京五輪をめざしているのですか?」と伊調選手を現役ではないかのような物言いをした。その理由について「リオ五輪後、『これからのことは空白だ』という旨を彼女は言っていました。『東京五輪を目指すか分からない、しばらく休みたい』と言ったまま、その考えを変えたことをわたしどもは全く知らないからです。(所属の)アルソックでは今年1月、選手契約から社員としての契約に変わっています。日本レスリング協会でも『広報部に配属されました』とあいさつに見えたと聞いています」と言い、「選手でない人、五輪を目指すはずがない人の5連覇を阻止するということが、存在できるでしょうか。明らかに協会の大スポンサーでもあるアルソックに所属する人の練習場所を抑えて回るほどのパワーが、栄監督にあるでしょうか」と伊調選手を貶めるような格好でパワハラはないと主張した。

 

谷岡学長のツイッターアカウントに批判投稿

この会見内容を見た人からは批判の声が多く出ている。フジテレビの三田友梨佳アナウンサーは「これを伊調選手自身が聞いたらショックなのではないかと思いました」と沈痛な面持ちで話した。また、拓殖大学レスリング部監督の須藤元気氏は「副会長としては言葉をもう少し選んで配慮すべきだった」とレスリング協会副会長でもある谷岡学長に苦言を呈した。

インターネット上でも、谷岡学長に対しての批判投稿が多い。

《至学館大学 谷岡学長。これから、会見の悪い例として研修会社に何度も使われるんだろうな。パワハラがあったろうと誰にも思わせる》
《志学館の谷岡学長、パワハラなんてそんなことできるはずがない とかまたふわっとした理由で全面否定したんだな…。野口美香といい、同じ立場から見ていないのになんで軽々と否定できるんだろ。栄監督をとって、伊調選手を切るんだなこの人たちは…》
《至学館大の谷岡学長は国民栄誉賞の伊調選手に対してあのコメントは酷い。このコメントと態度こそが“パワハラの証”ではないのか?この会見の態度に普段からの体質が滲み出ているではないか!谷岡学長は伊調選手に謝罪しろ!許せない。》

谷岡学長はツイッターアカウントを持っており、そこへも直接リプライ投稿がある。

《谷岡さんは自覚なくパワハラをしている人の典型ですね。谷岡さんの人を見下した話し方、威圧感、感情的、存在そのものが相手を委縮させます。栄さんがパワハラをしていたとしても谷岡さんは全く気付かないでしょうね。》
《パワハラの意味を調べてから会見開くべきでした。谷岡さんの話し方や文面がパワーハラスメントです。この会見を伊調さんが見たら萎縮してしまいます。力によって相手を制圧するのがパワハラです。》
《今回のパワハラ問題において、谷岡氏自身も加害当事者の一人と自覚されていますか?「身に覚えの無い」と断言する栄氏と、当事者の一人の貴方がその発言をそのまま報道に向けて発信することが栄氏の立場をより危ういモノにするということに気付かない所に今回の騒動の根の深さを痛感します。》

谷岡学長は記者会見で法的措置も検討しているというが、これでは火に油を注ぐだけに終わるだろう。

 

【画像】

(C)Hywit Dimyadi / Shutterstock

【あわせて読みたい】