高橋一生ファンに朗報!? 森川葵は「飽きっぽい」

(C)まいじつ

俳優の高橋一生とのデートを週刊誌に報じられた女優の森川葵が、3月16日に東京都内で行われたイベントに出席し、報道後、初めて公の場に姿を見せた。

週刊誌では『合い鍵おこもり愛』の見出しで、森川が高橋のマンションを何度も訪れていることや、高橋の留守中にも森川が合い鍵を使って部屋に入っていることなどが報じられた。この日は報道陣から「高橋一生さんとの交際が報じられていますが、順調ですか?」などと質問が飛んだが、笑顔で会釈するのみで、高橋との交際について語ることはなかった。

ふたりは2016年10月から12月にかけてNHK BSプレミアムで放送されたドラマ『プリンセスメゾン』で共演。1カ月ほど収録で一緒になった森川は、すっかり高橋の大ファンになったという。

 

親しくなる「土台」を作るのが上手い森川

「森川は自分から声を掛ける“肉食系”だともっぱらの話です。周囲がそう評していて、森川に声を掛けられた男性モデルや俳優は掃いて捨てるほどいるといわれています」(芸能関係者)

森川は「まずはお友達から」と、LINEなどでのやり取りから付き合う土台を作るのがとても上手だという。

「高橋とも、まずはLINEのやり取りから入って、徐々に距離を詰めていったに違いありません。そして、森川は“男に飽きっぽい”というのも有名な話として広まっているのです」(同・関係者)

高橋は森川に“捨てられて”しまうのだろうか。SNSでは高橋のファンから森川への嫉妬が渦巻く。

《一生に捨てられるのは森川の方です!》
《一生さま、目を覚ましてください!》
《早く別れてくれ…ゆっくり眠れない…》
《一生さま、森川のどこがいいのですか?》

多くの恨みを買ったまま、森川の愛情は冷めていっているのだろうか。

 

【あわせて読みたい】