松本人志「小銭いらない」金満発言に反発の嵐

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

3月18日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、メインコメンテーターの松本人志が「小銭を持つことが大嫌い」と発言し、大きなバッシングを受けている。

この日の番組では『芸能人の財布事情』について、ゲストで落語家の立川志らく、俳優の的場浩司らとの話が展開された。的場は自らを“現金主義者”だとし「現金を持っていないと嫌。小銭もため込んでスーパーできれいに出したい」と告白。「財布の中に10万、20万ぐらい入っていないと嫌。向きも決まっている」と明かし、志らくも財布には常に70~80万円を入れている“現金派”だと語った。

志らくは現金が必要な理由として、「付き人に買い物を頼んだり、小遣いをあげるときに現金が必要になる」と説明した。財布はバッグのなかに入れて付き人に持たせているが、妻から「何枚か抜かれても分からないよ」と注意されたため、現在は50万円分は封筒に入れて、盗まれないようにガムテープを張っているという。

そんなふたりに対し、松本はキャッシュレス派だとアピール。財布を持ち歩いていないことを明かし「コンビニは携帯電話(電子マネー)でいけるし、それ以上高額だとカードでいける」と理由を述べた。

さらに、松本は「小銭は本当にいらない。小銭が変にあるときは、駐車場で関係ない人のお金を入れてあげる」と告白すると、スタジオは騒然とした。松本が「小銭がうっとうしいから」と、理由を明かすと、さらにスタジオがどよめいた。

 

1万円未満は全部小銭扱い?

この小銭をぞんざいに扱うかのような話は、SNSで批判が殺到した。

《お金をなんだと思っているのか》
《1円を大切にしないやつは1円に泣くぞ》
《お金の大切さを学び直せ》
《松本のような成金は感覚が狂っているのか》
《この発言はBPOに引っかかるんじゃ?》

このように炎上騒ぎに発展している。

「別のタレントが言うには、酔っぱらうと松本は銭形平次のごとく、小銭を川に投げ捨てているそうです。もはや大人とは言えない行動です。松本にとっては、1万円未満はすべて小銭なのではないでしょうか。金額の話をするときに〇万としか言わないので」(芸能記者)

松本が稼ぎ出す額に比べたら、小銭はあってもなくても変わらないものなのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】