綾瀬はるかが松坂桃李と「結婚無期限延期」で大荒れ

「綾瀬は3月19日にスタートし、約3年間で計22回続く、NHKの大河ファンタジードラマ『精霊の守り人』に主演します。人と精霊が共存する世界が舞台で、綾瀬の演じる女用心棒が、命を狙われている王子を守る冒険ストーリーです。当初は詳しい内容が分からなかったのですが、かなり激しいアクションが織り交ぜられる予定だと聞いています。綾瀬は昨年からジムで本格的な筋トレを開始し、かなり筋肉も増えた様子。元々、中学時代はバスケ部で鍛えていただけに、本人はかなりの肉体派なのです」(NHK関係者)

綾瀬をめぐっては、昨年元日に交際が報じられた松坂桃李(27)との結婚が取り沙汰されてきた。ただ、双方のタイミングがうまく合致しなかったことから、この件は“無期限延期”となっている模様。3月に入り、一部週刊誌は“年明け破局”と報じたほどの微妙な関係のようなのだ。

「昨年下半期から、入籍のタイミングを双方が探っており、『精霊の守り人』がスタートする直前の、3月に入籍することを模索していた。ですが、双方の事務所間で最終的な合意に至らず、また、松坂も綾瀬も仕事が多忙ということもあり、いったん無期限延期となったようです。綾瀬は『30歳のうちに結婚したい』というのが口癖になっていた。昨年後半から松坂に対して結婚を猛烈に訴えていたのですが、松坂は仕事が順調だったため、事務所を気にして首を縦に振らず、宙ぶらりんな状態が続いていました。周囲から見れば破局に近い状態であることは事実で、綾瀬はかなり自暴自棄になっているようなのです」(芸能事務所幹部)