島崎遥香「26歳までに結婚希望」芸能活動やる気なし?

(C)まいじつ

元『AKB48』の島崎遥香がパーソナリティーを務めるラジオ番組『島崎遥香のぱるラジ!』(文化放送)の2月25日の放送に、板野友美がゲスト出演しいた。ふたりはAKB48在籍時から仲がよく、恋愛事情などについて語った。

島崎は、恋愛禁止のAKB48メンバーだったときに「好きな人がいたっていいじゃん」と発言して物議を醸したことがある。男性のタイプについて「顔が濃い人」だと明かし、現在、好きな人がいるかどうかついては触れなかった。

また、「26(歳)までに結婚して、子供もいて、できれば仕事はしたくなくて、田舎に駐車場経営をしてマンションも買って、不動産収入で生活したい」と理想を語り、板野を驚かせていた。

「過去の島崎から考えれば、驚くような発言ではありません。AKB時代はファンを“キモオタ”と呼び、握手会については『なんであんなネチャネチャした手を握らなきゃいけないの』と言ってファンを突き放す態度をとっていました。いまはソロになって話題もないので、男性話で注目を集めたくなったのでしょう」(AKBライター)

 

女優に力を入れるも「終了間近」

島崎はAKB48を卒業後、女優としての活動を増やしている。昨年は日本テレビの連続ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』と『今からあなたを脅迫します』、NHKの朝の連続テレビ小説『ひよっこ』に出演し、今年も深夜ドラマ『リピート〜運命を変える10か月〜』(日本テレビ系)に出演している。しかし、どのドラマも島崎のことはあまり話題にならず、テレビ小説に至っては島崎の出番が増えると視聴率が下がるという現象まで起きていた。

「AKBではトップクラスの人気者だったかもしれないが、ソロになってみると全く華がなくなってしまいました。女優として飛び抜けたものはなく、特徴があるわけでもない。“終了間近”という雰囲気が漂いだしています」(テレビ雑誌編集者)

このまま結婚を目指して、芸能界からはひっそりと消えてしまうのだろうか。

 

【あわせて読みたい】