「みなさんのおかげでした」最終回の「替え歌」が波紋広げる

長年続いたバラエティー番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が3月22日に最終回を迎えた。最終回ではTBSから番組フォーマットを借りて『うたばん』を模した企画を展開。視聴者は長い歴史を振り返っていたが、番組終盤で『とんねるず』が歌唱したシーンの“替え歌”がいまのテレビ業界に皮肉を言っていると話題だ。

最後の放送は『さいごのうたばん』題し、過去の放送で流れた替え歌シーンを振り返った。そして、とんねるずは『情けねえ』を熱唱し、歌の終盤に石橋と木梨は歌詞を変えて「バラエティーを滅ぼすなよ」、「フジテレビをおちょくるなよ」と訴えた。

 

フジテレビの姿勢に対して賛否両論

ツイッターで《「フジテレビをおちょくるなよ」のときのタカさんの顔がマジ過ぎる》と指摘があったように、石橋の表情は鬼気迫るものがあった。

《最後の「情けねえ」の歌詞を替えた部分は、フジテレビだけじゃなくバラエティ全体に警鐘を鳴らして去っていくと捉えた。》
《こんなかっこいい2人に最後、こんなこと言わせないためにも、テレビはもっと元気に暴れてほしい!》
《とんねるずは最後の最後まで芸人として、時代に一石を投じた》
《最後の最後までフジテレビを背負って守り抜いて終わってった》
《「フジテレビをおちょくるなよ」…おちょくられるなよ!フジテレビ!!》

ほかにも視聴者からの反響が相次ぎ、番組側の規制が厳しくなっていることにとんねるずに苦言を呈したと感じた視聴者は多かったようだ。ツイッターではとんねるずを賞賛しつつ、フジテレビを叱咤激励する投稿が相次いだ。

一方で、視聴率低迷にあえぐフジテレビに期待していない視聴者もいるようで《残念ながら昨今「フジテレビが視聴者をおちょくってる」んだよなぁ》、《フジテレビというよりスポンサー達の腰が引けて こうなったってことか》と冷めた意見もあった。

看板番組を手放したフジテレビの未来はいかに。

 

【あわせて読みたい】