森友学園問題で自民党議員「トンデモ暴言連投」して炎上

sunny / PIXTA(ピクスタ)

sunny / PIXTA(ピクスタ)

学校法人『森友学園』の国有地取引に関する文書改ざん問題で、自民党議員からとんでもない暴言が飛び出した。

3月19日の参議院予算委員会でのこと。この日、質疑に立った自民党の和田政宗議員は「党や官邸が徹底調査を指示して、隠蔽の扉をこじ開けなければ、財務省内部で隠されていたかもしれません」と事実に反する発言をし、さらに財務省の太田理財局長に対して「まさかとは思いますけれども、太田理財局長は民主党政権時代の野田総理の秘書官も務めておりまして、増税派だからアベノミクスを潰すために、安倍政権を陥れるために意図的に変な答弁をしているのではないですか」と質問した。

太田理財局長は即座に、「いや、お答えを申し上げます。私は公務員として、お仕えした方に一生懸命お仕えするのが仕事なので、それをやられるとさすがにいくらなんでも、そんなつもりは全くありません。それはいくらなんでも、それはいくらなんでも、ご容赦ください」と答弁。この質問に対して批判が殺到し、フジテレビの『バイキング』でも司会の坂上忍が「こいつ何言ってんの」、「なんであんな人を立たせるんですか」と批判した。

麻生太郎財務相も「その種のレベルの低い質問はいかがなものかと、軽蔑はします」と和田議員を批判した。

しかし和田議員は意に介さず、自身のツイッターへ次のような投稿をしている。

このように、報道した新聞紙を《共産党の機関紙》と批判する始末で、多くの怒りの投稿が返信で届いた。

さらに和田氏の事務所には脅迫状が送られる事態にまでなったが、当の和田議員は態度を崩していない。

自らの発言を自画自賛し、太田理財局長は痛いところを突かれたからだと強弁を続けた。

 

一貫して強気を貫いたが…

一方で脅迫に対しても強気な姿勢を見せている。

そこから新たに、ツイッターで強気の投稿を繰り返した。

そして、メディアでの報道に関して、法的措置を検討していることも明かしている。

この和田議員の態度に関して、ツイッターでは賛否両論が沸き起こり、多くの意見が飛び交った。しかし、3月23日に和田議員はツイッターへ謝罪の投稿をしている。

一連の投稿も撤回するのか不明だが、「党や官邸が徹底調査を指示して、隠蔽の扉をこじ開けなければ、財務省内部で隠されていたかもしれません」と発言し。新聞報道を安倍晋三内閣の手柄にするようなうそを述べる限り、信用はされないだろう。

 

【画像】

sunny / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】