忖度ゼロ?テレ東「SMAP6人時代」放映しファン大興奮

(C)elwynn / Shutterstock

(C)Shutterstock

4月1日に『SMAP』のメンバーが6人だった時代の映像が繰り返し放送され、ファンが興奮する一幕があった。

SMAPの貴重映像を流したのはテレビ東京の特別番組『3秒聴けば誰でもわかる名曲ベスト100』。徳光和夫とDAIGOが司会進行をし、テレビ東京が昔から撮りためた楽曲を放送していく番組だった。

新聞のテレビ欄には《SMAP!テレ東に眠る貴重映像を大発掘》とあったため、ファンは興奮気味。ツイッターでは《テレビ欄に「SMAP」って、書いてあったので思わず撮ってしまった》などと、放送開始前からテレビ欄を写真に収めてアップするユーザーが相次いだ。

そして番組が始まると、74位に『がんばりましょう』など、森且行を含めた6人時代のSMAPの映像が相次いで登場。ツイッターでは感激したという書き込みが多く寄せられた。

《テレビ東京ってNG無しなんですね。SMAPも光GENJIも全員映ってました》
《若スマ、目がキュルキュルで歌って踊ってた》(若スマ=若い時代のSMAP)

テレビ東京は1990年代にバラエティー番組『愛ラブSMAP!』を放送していたため、過去のSMAPの歌唱シーンが多く映像で残っているようだ。

 

テレ東絶賛の一方で他局の批判も

SMAPファンは過去の映像が放送されたことで、ツイッターへテレビ東京に感謝する投稿をしていた。

《テレ東ではバラエティ番組を持ったり、草彅や香取がアニメの声優に登場したりと、SMAP初期の活動を全面的に支えていた印象があります》
《森且行いた時の使う許可よく取ったな、テレ東》

その一方で、他局に対しては批判を展開。

《他局が過去Vとか使わないのは事務所NGではなくテレビ局の勝手な忖度なのかね》
《本当にテレ東を見習った方がいいよ。SMAPは何も悪い事した訳じゃないんだなら》
《それまで五輪中継テーマソングにSMAPナンバー使ってたのに平昌五輪では洋楽で茶を濁したTBSが許せない》

SMAPの過去映像を流さず、SMAPの曲そのものを使用しない他局の姿勢を批判していた。

この日の放送では6人時代のSMAPはもちろん、不倫報道で世間をにぎわせている斉藤由貴、逮捕歴のある酒井法子ら、放送しづらい過去の映像が多くあった。

“自由なテレ東”は健在だ。

 

【あわせて読みたい】