何年経っても「小保方晴子さんバッシング」が終わらない理由

あんころもち / PIXTA(ピクスタ)

あんころもち / PIXTA(ピクスタ)

国立研究開発法人『理化学研究所』(理研)の元研究員だった小保方晴子氏が、先ごろ発売された女性誌『婦人公論』(4月10日号)にグラビア写真を掲載したことで話題になっている。

小保方氏と言えば『STAP細胞』にまつわる騒動で世間から猛烈にバッシングを受けたことが記憶に新しい。当時、朝から晩まで報道されていたため、小保方氏の名前は全国に知れ渡った。この騒動で小保方氏は理研を退職し、その後に姿を消していた。

今回の婦人公論誌上で小保方氏は、世間のバッシング、記者の追及、博士論文の書き直し、学位取り消し、警察からの捜査など、あらゆる“猛烈な責め”に対して心を壊してしまい、精神科病棟に入院したことや鬱病と心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症するなど、強いストレスを受けたことを語った。そして、あまりにも世間が恐ろしく、マスクで顔を隠さなくては生活できなかったころもあったと打ち明けた。

この小保方氏の告白に、インターネット上では避難が殺到した。

《おぼちゃんがいつの間にか被害者になっててワロタ》
《自業自得》
《上司は死んでるんだが》
《いまだに世に出ようとしてるのが信じられん ひっそりと隠れて暮らしてればいいのに 何考えてんだろ》

だが、それ以上に話題になったのは小保方氏のグラビアだ。騒動の当時とあまりの変貌ぶりにネットがざわつき、整形まで疑われている。

《かなり変わりましたね…》
《整形?》
《顔かえたなら出てこない方がいいんじゃ・・・・。》
《髪型なのか顔が変わったのか》

さらに着用していたグッチのドレスまで批判の的となってしまった。このドレスの値段は213840円と高額なものだ。この服は小保方氏の自前なのか撮影のときに用意されたかどうか不明だが、《相変わらずの服のセンス》、《三十路でこの服は痛いな》などと、それこそ的外れな批判が相次いだ。

 

「批判されて姿を消す」の繰り返し

かの騒動では、小保方氏にSTAP細胞に関する研究の指導を行っていた上司が自殺をしている。同時に小保方氏のずさんな実験ノートや、早稲田大学大学院時代の博士論文でのコピペ、写真盗用が発覚。科学誌『ネイチャー』の論文上でSTAP現象が確認されたとするマウスが、現実には違うマウスだったことも明らかにされている。

「小保方さんは今回、中央公論新社から『小保方晴子日記』という本を出しました。同社発行の婦人公論でのインタビューも、その一環だと思われますが、実は2016年にも『あの日』という手記を発表しています。そのときも批判されたあとに姿を消しましたが、人の死が関わった騒動に対してこの国は寛容ではないので、また同じことになるかもしれません」(女性誌記者)

果たして、今回はどうなるだろうか。

 

【あわせて読みたい】