テレビレギュラーさらに増加!坂上忍の止まらない「増長」

(C)まいじつ

坂上忍に「存在がパワハラそのもの」との批判が集中している。

坂上は昼の情報番組『バイキング』(フジテレビ系)でレスリングの伊調馨をめぐるパワハラ問題を取り上げた際、『ブラックマヨネーズ』の吉田敬に「この番組自体、パワハラじゃないですか」と言われたことが多くのネットニュースで取り上げられていた。

坂上の司会進行ぶりは“後輩いじり”の度を過ぎていると批判されている。特に『アンガールズ』の田中卓志と山根良顕は使い勝手がいいのか、「そうだろ、田中」、「だよな、山根」など半ば脅迫めいた同意を求める場面が目立っている。

「坂上はいまや大物芸能人のひとりです。坂上に聞かれて『違います』とは、おいそれと言えない状態でしょう。アンガールズはバイキング以外の番組に多く出演しているわけではないので、聞かれて否定できるはずもありません」(テレビ雑誌編集者)

 

出演番組がさらに増えた坂上

こんな状況が嫌になったのか、山根は3月末でバイキングからの降板を発表している。

「アンガールズがふたり揃っていなくなるのは心証がよくないので、時期を見て田中も降板する予定だそうです。山根はまともな意見さえ言えない状況にうんざりしていたといいます」(芸能プロダクション関係者)

坂上は3月末の時点で地上波テレビのレギュラー出演が6番組。4月からは2番組増えている。いま最も勢いのあるタレントのうちのひとりといえるだろう。

「坂上はかつて、“天才子役”と呼ばれ、幼いころから芸能界で活躍してきました。一時は露出が減った時期もありましたが、現在は多くのテレビ番組に出演し、劇団で主宰をするまでになっています。人に頭を下げることを知らず、唯我独尊の絵に描いたような人間になってしまいました」(同・関係者)

これからも坂上の増長は続くのだろうか。

 

【あわせて読みたい】