ビートたけし独立の真相を暴露した「たけし軍団」への賛否

(C)まいじつ

ビートたけしが『オフィス北野』から独立したことについて4月1日、同事務所に所属している水道橋博士がブログを更新し、“真相”を書き綴った。

ブログは丁寧なあいさつ文から始まり、たけしの独立の真相について次のように記載している。

《オフィス北野は1988年、たけし&たけし軍団の新会社として設立されました。
芸能事務所ではありますが、師匠は芸に徹するため、経営、財務については森昌行社長を信用され、全面的に任せておりました。
が、数年前、師匠が保有する別会社の株式に関する疑義が発生した際に、師匠が不審に思い、事情を調査したところ、明らかな違法行為があり この出来事をきっかけにして、オフィス北野の経営も、改めて確認されたいと申し出たところ、その結果は思わぬ方向に波及してしまったことが、今回の騒動の引き金になっております。》

そして《森社長が二度にわたり信頼を裏切ってしまい師匠の堪忍袋の緒が切れたこと》が起きて、たけしは独立に至ったのだという。

信頼を裏切る出来事として、水道橋博士は以下の4点を挙げている。

  1. 株式の移動に関する手続きの不備
  2. 役員報酬の水準に関する不満とその決定に関する手続きの不備
  3. 役員報酬の水準に関する不満とその決定に関する手続きの不備
  4. オフィス北野傘下の映画関連事業であるフィルメックスに対する人件費負担を容認できないこと及びこれに関する手続きの不備

これらの指摘を森社長は承認手続きに不備があったことを認め、たけしに謝罪。体質を改善する約束したという。

しかし、今年の3月に入っても一向に進まないことから、たけしがしびれを切らして独立する旨を森社長に伝えたことが真相だという。

 

ガダルカナル・タカもワイドショーでコメント

たけし軍団のつまみ枝豆、ダンカン、グレート義太夫も同じ内容でブログを更新している。ダンカンはサンケイスポーツのコラムに公表前にたけしに報告していると明かした上で、森社長とは「仲が悪いわけではない。映画に重点が置かれていた状況でも、『お笑いのこともやってよ』と言えるぐらい気を使わない間柄」と説明した。

またガダルカナル・タカは4月2日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で独占インタビューに応じ、「もうここ(軍団の声明)に書いてあるのは間違いないです」と認めた。

この一連の暴露に対して、インターネット上では様々な投稿があった。

《とても、社長を信じられないですね。改心出来るのでしょうか?寺に1度、改に行かれたらと思います。北野監督が、不憫です。それと、上層部だけ、破格の待遇で下の芸人さんは働かされてるのにお金貰えないなんて、あり得ません!夢を売る商売なら、今後も芸人になりたい人達の為にも経営者ちゃんとして》
《食い物にされていましたね。経営陣を刷新しないと繰り返すと思います。がんばっておられるタレントさんが最も報われる体制を構築されるように願ってます。》
《世間はそんなに興味ないことだと思うけど》
《芸能界のゴタゴタは裏で解決しろや》
《もう終息に向かってると思ってたけど、周りが引っ掻き回して終わらせたくない感じ?》
《んでも、軍団はその裏切りの森社長の元に残るんでしょ?いまのところ よくわからんねー》

このように応援の投稿もあれば厳しい意見もある。

もう一方の当事者であるオフィス北野の森社長は「このような文書が、一方的にネット等は通じて流されたことに驚きを禁じ得ません。内容についても、わたしとしては極めて不本意であるので、あらためて対応したいと思います」とコメントをしている。

この暴露が問題泥沼化の始まりにならないことを祈りたい。

 

【あわせて読みたい】