地元民が恐怖におののいたアメリカの「四角い雲」出現騒動

アメリカで“四角い雲”が出現し、地元民を恐怖に陥れている。

先日、アリゾナ州ツーソンで巨大な正四角形の雲が発生した。地元民がスマートフォンで動画撮影し、フェイスブックやYouTubeへ投稿。その後、オカルトサイトなどが続々と転載していったことで拡散された。

インターネット上では《CGだ》、《人工的に作られた雲だ》、《珍しい自然現象だ》と議論の対象になっている。

アメリカのオカルト研究家のリノ・ナッパ氏は「この雲のおかげで、アメリカ政府の最高機密である気象制御プログラムの存在が明らかになりました。アメリカ軍が『HAARP』を使い、天候を操作しているのです」と指摘する。

 

「ペンタゴンの陰謀」を主張するオカルト研究者

『HAARP』とは、高周波活性オーロラ調査プログラム(High Frequency Active Auroral Research Program)の略称で、1993年にアメリカ政府が設立し、空軍と海軍が運営している。無線通信と監視のために電離層を研究するプロジェクトだ。2014年までアラスカ州の人目につかない僻地にある空軍基地で実験が繰り返されていたという。現在は公式発表としては軍の手を離れ、アラスカ大学フェアバンクス校が運営を引き継ぎ、一般向けに施設公開ツアーも行っている。

オカルト研究者は「HAARPとは、気象から地震に至るまで、地球自体を武器として使おうというアメリカ国防総省(ペンタゴン)による陰謀なんです。いまも軍が関与していると確信しています。敵国に対して、人工的に雨を降らせ続けて飢饉を起こしたり、火山噴火や地震を発生させ、甚大な被害を与える武器がハープなんです」と語る。

ベネズエラの大統領だったウゴ・チャベス氏は2010年に「ハイチ地震はアメリカの地殻兵器であるHAARPによって起こされたものだ」と発言している。

近いうちにツーソン周辺で異常気象や天災が起こるのか、注目されている。

 

【あわせて読みたい】