米国政府の陰謀か「ベルメハ島」忽然と消え失せた本当の理由


画像が表示されない場合はこちら

また『Google Earth』からとんでもないニュースが飛び込んできた。まずは、この地図を見て頂きたい。一見すると何の変哲もない海底だが、なんとこの赤い印の地点には、1997年まで『ベルメハ』という名前の島が存在していたというのだ!

「存在していたはずの島がない? 何故?」と思った読者も多いことだろう。実はこの海域はアメリカとメキシコ両国の排他的経済水域が接しており、今から30年ほど前、この付近の海域で埋蔵量220億バレルにも及ぶ大きな海底油田が発見され、その後にわかに注目を集めたという経緯がある。

発見された油田は両国が取り決めた相互条約に則り、採掘されるはずだった。しかし、両国の条件が折り合わなかったのか、相互条約は20年ほど前(1997年)に無効となった。それとほぼ同時期に「ベルメハ島が忽然と消えてしまった」と、メキシコ政府側が主張している。

いずれにせよベルメハ島が事実上“消滅”したことで、アメリカの排他的経済水域はメキシコ側に大きく広がった。つまり、その直下に眠る海底油田の採掘が、大幅にやり易くなったと思われるのだ。

 

アメリカ政府による陰謀か?

そしてここからが本題だ。「ベルメハ島はアメリカCIAの陰謀により、意図的に存在を消されたのだ」と主張するメキシコ政府側の議員団がおり、消す手段として水爆が投下された可能性もあるなどと、物騒な説も流布されている。

しかし、どう考えてもそれは突飛すぎる。もしアメリカが水爆を投下すれば目撃者が多数居たはずだ。また、残留放射能による環境被害も甚大であり、人道的にも背負い込むリスクが大きすぎる。ではどのようにして島は消えたのだろうか?


画像が表示されない場合はこちら

そこで、もう1度ベルメハ島があったとされる座標点をよく確認してみよう。すると縦26キロ、横16キロほどの”抉れた部分”があることが分かるだろう。

この事象を手がかりに、超常現象研究家は次のような仮説を述べる。

「もしかするとアメリカ政府は、以前話題になったオリハルコンの欠片を密かに入手して島を浮上させ、すぐ東にあるバミューダトライアングルの亜空間ゲートまで運搬し、宇宙人の協力より地球の外へ”転送処理”したのではないでしょうか。そう考えれば、島一個が跡形もなく消え去ったことも腑に落ちるでしょう」

しかしそうだとすれば、これは同時にアメリカ政府が大陸を消滅させるほどの”超兵器”を所有していることに他ならない。

 

【あわせて読みたい】