長嶋一茂「真っ当な意見」の言い方が悪く非難の的に

(C)まいじつ

タレントの長嶋一茂が4月13日に放送された『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に出演し、大相撲の女人禁制問題についてコメントした。

静岡市駿河区で8日に実施された大相撲春巡業『富士山静岡場所』でのイベント『ちびっこ相撲』に女児の参加が認められず、泣く泣く出場を断念した女の子がいたと番組で取り上げ、主催した実行委員会によると、直前の4日に日本相撲協会の静岡場所の担当である荒磯親方(元幕内玉飛鳥)から電話があり「女の子の参加は遠慮してほしい」と通達されたという。

昨年も参加し、ずっと練習をしてきたという女の子は「悲しい」とインタビューで答えていた。このVTRを見た長嶋は顔を真っ赤にして怒りを露わにし、「基本的人権の尊重の無視というか、憲法違反だと思う、おれは」とがなり立てた。

長嶋はまず「女人禁制で土俵に上がれないというのは、舞鶴でアンポンタンな行司が、たとえ女の人が看護師であっても『土俵から降りてください』と言っちゃった。理解できないけれど、おっちょこちょいな人がいるな、と」と、昨今議論の発端となった相撲の問題を持ち出した上で、今回の一件は「急に何の説明もなくいきなり通達したという高圧的な考え方。協会は本当にバカじゃないかと思うよ。あり得ない」と、語勢を強めて怒りを爆発させた。

さらに「小学生は女の子の方が体格もよくて強いの。女性の方が強い。小学生のあいだは」と、女児の怪我防止が目的という協会の主張に疑問を呈していた。

 

「したり顔で常識を語るのはやめてくれ」

ところが、もっともだと思われたこの長嶋の見解について、SNSでは批判的な投稿が多かった。

《男女同権がまかり通ると思っている一茂は理想主義者》
《一茂こそ悪いやつがいると一気にたたきに来る差別主義者》
《高圧的な物言いはどっちだよ》
《したり顔で常識を語るのはやめてくれ》

このように、長嶋に対する批判が展開されている。

「文部科学省が公表している『学校保健統計調査』の平成29年度データによると、小学6年生時点で身長、体重の平均値はともに女児が男児を上回っています。女子でも相撲好きな小学生はたくさんいます。子供の楽しみを奪ったという点では、相撲協会の罪は大きいでしょう」(スポーツジャーナリスト)

地方都市では、小学生の女子相撲大会が盛んな場所もたくさんある。

「ある意味で一茂が支持されるべきだが、あまりにも男女同権をうたい過ぎると『議員にでもなるつもりか』と揶揄されるのが現在の世の中です」(同・ジャーナリスト)

あまりいい時代ではないようだ。

 

【あわせて読みたい】