鉄腕DASHの代わりに「不倫ネタ放映」日テレに非難殺到

(C)Brocreative / Shutterstock

(C)Shutterstock

4月15日に放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、不倫を題材にした放送内容に対し、一部から批判が集まっている。

この日の放送は『私とあの人、どっちが悪いですか?』と題し、ゲストの浅野ゆう子や田畑智子らが抱える夫婦間や仕事上の揉め事について、司会の明石家さんまとトークを展開するという内容だった。

ゲストには元衆議院議員の金子恵美氏も出演。金子氏は自身の妊娠中に、『週刊文春』によって、夫で元衆院議員の宮崎謙介氏の不倫が発覚し、当時は《育休ゲス不倫》と報じられ話題となった。

宮崎氏は現在、起業家として活動しているが、仕事の付き合いと称して深夜の帰宅はザラである上に、キャバクラの名刺を持って帰ることもあるというエピソードがVTRで披露されると、スタジオの女性出演者からはあきれられていた。

その後、夫の宮崎氏がスタジオに登場したが、いまだに反省していないように見えたのか、浅野が激怒して金子に離婚を勧める一幕があった。

宮崎氏のよさが分からない、なぜ離婚しないのかといった意見が飛び交うなかで、金子は最後に「わたしは離婚を決められないのではなく、離婚しないことを決めたんです」と語り、出演者らを感心させていた。

 

普段なら家族揃って観られる内容のはずが…

このエピソードが放送されたのは日曜の午後7時台であり、通常であれば『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)が放送されている時間帯だ。そのためか、鉄腕DASHのファンの多くから批判が相次いだ。

《不倫がどうのこうのの番組よりDASHが観たかったなー》
《DASH無いのがつらい。不倫議員なんてテレビ出すんじゃねぇよ》
《その姿に癒されて、時に勇気づけられて、また一週間を頑張ろうって気分になれるのに……。芸人の不倫がどうたら、って話題で元気になれる訳がないだろ!》

行列の内容が鉄腕DASHの内容とは真逆ともいえるものだっただけに、DASHの放送が無いことを知らずに見た視聴者は違和感を感じてしまったようだ。

 

【画像】

(C)Brocreative / Shutterstock

【あわせて読みたい】