おそ松さん超えか!? 深夜で復活「天才バカボン」の際どい表現

(C)g-stockstudio / Shutterstock

(C)Shutterstock

故・赤塚不二夫さんのギャグ漫画『天才バカボン』が今年7月から新たに深夜アニメ『深夜!天才バカボン』として18年ぶりに復活することが発表され、早くも放送を待ちきれないアニメファンからは期待の声が上がっている。主人公であるパパの声を俳優の古田新太が、美人のママを日高のり子がそれぞれ務めるという。

「天才バカボンがアニメ化されるのは、今回で5度目です。しかし、初めての深夜放送枠ということで、過去4回とはまた違った作風が期待されています。2015年には同じ赤塚さん原作の『おそ松くん』が『おそ松さん』としてリニューアルされ、約27年ぶりに深夜アニメとして放送されましたが、驚異的な大ヒットとなりいろいろなメディアとコラボレーションするような社会現象にもなりました。昔のおそ松くんを知っている世代に加え、全く知らない若年層が、シニカルでブラックな作風に一気にハマったためです」(エンタメ誌記者)

 

「おそ松さん」同様の作風に期待

放送に先駆けて公開された公式ホームページでは、おなじみバカボン一家のキャラクターがティザービジュアル(いくつかの事柄を意図して明らかにせずに注目を集める広告手法)として登場。全員がなぜかモザイクの目線入りで、それぞれのキャラクターは独特の紫色の線で縁取られており、何やらかつてない雰囲気を醸し出している。

「アニメーション制作は『studioぴえろ+』が担当しています。この会社はおそ松さんを制作した大手アニメ制作会社『ぴえろ』の子会社です。おそ松さんでは、パロディーと下ネタが満載だったので、新しいバカボンの作風も同じ傾向になるでしょう。一部のファンからは早くも『子育てで毒を吐くママが見たい』『バカボンパパが不倫したり、バカボンが不登校になったりして』などと、さまざまなストーリー展開を予想して楽しむ人が増えています」(同・記者)

パパ役の古田はすでに「『わたしのパパはそんなんじゃない!!』という苦笑は一切受け付けません」とのコメントを残しているだけに、アナーキーなパパの姿を期待している人も多い。

また、5月4日の午後9時からは、日本テレビ系列でお笑いコンビ『くりぃむしちゅー』の上田晋也が主演するスペシャルドラマ『天才バカボン3~愛と青春のバカ田大学』も放送される。こちらはママ役に松下奈緒、おまわりさん役に高嶋政伸、バカボン役にオカリナが出演する。

赤塚不二夫ファンにはうれしい放送が目白押しだ。

 

【画像】

(C)g-stockstudio / Shutterstock

【あわせて読みたい】