セクハラ報道直後「志村けん過激コント」放映のフジに批判

(C)まいじつ

セクハラ疑惑による財務省事務次官の辞任表明が世間をにぎわせた4月18日、フジテレビ系列で『志村けんのだいじょうぶだぁ 春!笑いのお祝いスペシャル』が放送された。事務次官の辞任表明会見が報じられた直後の時間帯に志村のコント内でのセクハラ、パワハラっぷりが放送されたため、視聴者からは「子供に見せたくない」「志村のセクハラは許されるのか」との声が相次いでいる。

番組冒頭から、磯山さやかと丸高愛実がバーで酒を飲んでいるところに志村が現れるコントがあり、磯山が口にした酒を「ちょっと飲ませて」と取り上げ、ストローを口にすると思い切り息を吹き込みご満悦の表情を見せた。磯山が困惑の表情を見せるなか、志村はピスタチオを手にして「鼻でにおいをかぐの」と磯山の鼻にピスタチオを詰めてひとり喜ぶという内容だった。

そして、病院の診察室を舞台にしたコントでは、志村演じる医師が磯山に胸のサイズを聞いてから視力検査をさせたが、視力検査器がふんどし姿の上島竜平だというオチだった。志村は指示器をしきりに上島の股間に当て「ここは?」と股間の部位をしきりに言わせようと試みた。直接的に女性の部位を触るなどの行為はなかったものの、終始女性が嫌がる行為を続けていた。

さらに、番組終盤には梅沢富美男もセクハラに加わった。時代劇のコントで女性に抱きつき、フリートークでは、梅沢が精力を付けるためにサプリメントのマカを1年分購入したが、妻に見つかり返品された話を披露。この話には志村も食い入るように参加していた。

 

「セクハラしたいだけの番組がやってて不快」

フジテレビは午後6時台のニュース番組で財務省事務次官の辞任表明会見を放送していたが、会見最中にだいじょうぶだぁの放送時間を迎えたため、会見の中継を打ち切っていた。なんとも間が悪い番組編成に、ツイッターでは批判の投稿が多くされていた。

《事務次官が辞任のインタビュー放送を突如止めて 「志村けんのだいじょうぶだぁ」でセクハラ紛いの内容を放送するとは》
《志村けんとかいうジジイがセクハラしたいだけの番組がやってて不快》
《セクハラが何かと話題になっておりますが「志村けんのだいじょうぶだぁ」は平常運転だな》
《梅沢富美男、ワイドショーではセクハラについて偉そうなこと言ってるけど、自分がやってるといきいきしてる》

志村の番組だけは治外法権なのだろうか。

 

【あわせて読みたい】