過激AKBファンから「指原莉乃を追放しろ!」と厳しい声

(C)まいじつ

『HKT48』の指原莉乃に対し、一部ファンのあいだから「AKBから追放しろ」の過激な意見が出始めた。指原が6月16日に行われる『第10回AKB48世界選抜総選挙』に出ないことを表明したためだという。

「熱狂的なファンのあいだでは、『総選挙に出ないならAKB、HKTのメンバーではない』というのが共通認識になっているようです。もう卒業するべきだという声も出ています。ところが指原は今後もAKBグループで活動を続けるつもりなので、“追放論”が持ち上がってきたのです」(AKBライター)

指原は昨年までAKB48選抜総選挙で3連覇を成し遂げている。彼女の知名度は現在のAKBグループのなかでも抜群であり、今年もAKB選抜総選挙に出れば1位になる可能性は大きかった。

「指原以外には、柏木由紀が昨年もAKB選抜総選挙に出ておらず、今年も辞退して2年連続不出馬を決めています。また、『NMB48』の山本彩も、昨年に続いて2年連続で出ない予定です。指原ばかり責めるのはおかしいところもあります」(同・ライター)

 

なぜ指原だけが槍玉に挙げられるのか

指原にだけ悪評がある理由を芸能プロダクション関係者が次のように説明する。

「指原は今後もHKTを盛り上げていくということは公言しています。でも、一部ファンのあいだではHKT関連の仕事をし、さらには所属している大手プロダクションからの仕事もして、仕事の充実化を狙っているだけだという話もあるのです。後進に道を譲る気がないのでしょう」

現在、指原は『HKT48劇場』の支配人も務めている。ここにも残る意味があるというのだ。

「支配人という肩書はただの“お飾り”です。指原は秋元康氏のバックアップを得て、九州地方を牛耳る音楽プロデューサーの座を狙っているといいます。そうすることによって名前だけの支配人により実利を得られる。そのためにHKTから離れないらしいのです」(同・関係者)

総選挙より金。純粋なファンは、やはり迷惑か。

 

【あわせて読みたい】