TOKIO・国分太一が「山口達也のわいせつ行為」生放送で謝罪

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

『TOKIO』の山口達也が強制わいせつ容疑で書類送検されたと報じられた翌日の4月26日、同じTOKIOに所属する国分太一が『ビビット』(TBS系)で山口の行為を涙ながらに謝罪した。国分は山口の行為や書類送検された事実を「知らなかった」と明かしている。そのため、視聴者からは国分を気遣う声が相次いだ一方で、ジャニーズ事務所が国分にわいせつ行為や書類送検の事実を知らせなかったことを疑問視する声が上がっている。

報道によると、山口は2月に自宅で未成年の女子高校生に対してわいせつ行為に及び、今月中旬に書類送検されたという。

国分は番組冒頭にひとりで登場し、「山口達也が強制わいせつ容疑で大変ご迷惑をおかけしました。大変深くおわび申し上げます。そして何より、被害に遭われた女性にメンバーとして謝罪させていただきます。本当に申しわけありませんでした」と謝罪した。

そして、「正直、自分の頭の中も整理が付かない状況」と前置きしながら「20年以上一緒にいるメンバーがこんなことを起こしてしまった…。驚き、悲しみ、悔しい思い、いろんな感情がわき出てきます」と心境を吐露。「何よりも山口を信じずっと追い続けてくれましたファンのみなさん、大変申しわけありませんでした」と改めて頭を下げた。

その後は真矢ミキ、テリー伊藤らといった出演者と質疑応答する形で番組が進行した。

 

ジャニーズの対応に批判集まる

視聴者からはツイッターに国分を気遣う投稿が多く集まった。

《国分太一くんが謝罪。涙目でほんとに辛そうだった》
《太一くんの謝罪みて、スッキリの加藤さん思い出した。今一番加藤さんが太一くんの気持ちが分かるんだろうな。》
《事務所の対応も完全にアウトだな。国分くん、これは連帯責任じゃないよ》

だが一方では、今月中旬に書類送検されていたのに同じグループ所属の国分が知らされなかったことに違和感を覚える視聴者もいたようだ。

《なんで2月の話が今?そして今までメンバーは知らなかったとか。。胸が痛い。》
《太一は悪くないんだけど、全く知らなかったってのは何かちょっと……信じられないわ。そして太一が追い詰められるのも違うと思うわ。》
《それまで普通にしてて、昨日初めて4人に知らせる事務所ってさ…》

このようにジャニーズ事務所の対応を疑問視する意見が相次いでいる。

 

【あわせて読みたい】