TOKIO・山口達也「事情聴取」をジャニーズが隠し続けた理由

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

『TOKIO』の山口達也が強制わいせつ容疑で書類送検された。被害者はテレビ番組で共演していた未成年の女子高校生で、自宅に招き入れて酒を強要した上、無理やりわいせつな行為をしたという。

山口の所属するジャニーズ事務所は「お酒を飲んで、被害者の方のお気持ちを考えずにキスをしてしまいましたことを本当に申し訳なく思っております」と謝罪コメントを発表。被害者女性とは和解が成立したことを明かした。

山口がTOKIOメンバーとともにレギュラー出演している水曜日深夜の番組『TOKIOカケル』を放送するフジテレビは、書類送検の第一報が報道された4月25日の当日、同番組の放送を中止して別番組に差し替えるなど、各テレビ局を中心に多方面が事件の対応を迫られた。

「山口の出演番組を多数抱える日本テレビは『出演を当面見送る』との判断を示しています。いまのところ、CMや番組に被害を与えた金額は約3億円という試算が出ています。一部では10億円と報じたところもあります」(芸能関係者)

 

山口の事件発覚と渋谷すばるの脱退発表のタイミング

ここに来て都市伝説のように語られているのが、『関ジャニ∞』の渋谷すばるのグループ脱退発表と、山口が事件を起こしてから表沙汰になるまでのタイムラグとの関連性だ。

「ジャニーズ事務所は、山口が警察から事情聴取を受けていたことを知らないはずはないでしょう。示談して被害届を取り下げさせたのだから、番組に出演するのは構わないだろうという態度です。もし山口の強制わいせつが渋谷の脱退の陰にうまく隠れれば、ジャニーズの思い通りにことが進んだということだったのでしょう。今回の山口の書類送検は『バレちゃった、しょうがねえなあ』と感じさせる経緯です」(芸能記者)

山口はこれまでイメージよく芸能活動をしてきたので、芸能関係者も一般人も今回の事件発覚に驚いたという人は多い。

「山口は離婚会見のとき、帰って行く記者をひとりひとり見送るなど、紳士的な態度で記者受けもよかった。ただ、女を前にすると態度を変えるのかもしれませんね」(同・記者)

山口は現在46歳で、アイドル歴は30年にもなる。それなのに、素顔はただのスケベなロリコンだったとは…、世の中分からないものだ。

 

【あわせて読みたい】