「わたしも山口達也にやられた!」大量投稿の真贋

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

アイドルグループ『TOKIO』の山口達也が強制わいせつの疑いで警視庁に書類送検された件は、芸能界のみならず各界に波紋を広げている。山口を知る一部の関係者からは「いつかこのようなことになるんじゃないか危惧していた」との声が囁かれているという。

「2月発売のゴシップ雑誌でも山口と思われる人物の“未成年アイドル喰い疑惑”が報じられていました。記事では、山口が“衣装部屋”と称するマンションを東京都内に借りていて、たびたびJKアイドルを招き入れていたようです。またほかにも、未成年アーティストに連絡先の交換を持ち掛けていたとの記載もあります。山口は2016年に元モデルの奥さんと離婚しましたが、その理由は“酒”と“女”だと言われています。関係者のあいだでも山口の酒癖と女癖の悪さは有名でした。そのため、今回の書類送検は起こるべくして起こったこととの見方をする人は多いようです」(芸能記者)

 

SNSにあふれた「被害告白」

今回のニュースを受け、SNS上では山口と関係があったという女性が、自分も被害に遭い掛けたと告発の投稿をしている(現在は削除)。

《妊娠させて、お金で解決して、また違うコを妊娠させて、お金で解決してこの繰り返しなんです》
《山口達也容疑者は、女子高校生 JK とのハメ撮りを大量に所持しています。渋々2回会ったんですが、2回目は自宅に連れていかされました》
《山口達也は、私以外の同級生とかに手当たり次第、手を出してたので、被害に遭った人は何百人レベルだと思います》

個人の投稿ゆえ、真偽の程は定かではないが、山口の過去の女性関連の行動を快く思っていない人は多数いるようだ。

過去にもジャニーズ事務所の所属タレントが女性問題を起こしたことは少なからずあるが、ジャニーズ事務所が裏で示談交渉をまとめるケースが多く、表立って大きく報道されることは稀だった。しかし、今回の山口の書類送検は、警察が起訴を求める“厳重処分”が付くほど悪質な事案だ。

今回ばかりは“DASH”で回避できそうにはないだろう。

 

【あわせて読みたい】