HKT48・宮脇咲良「韓国プロジェクト参加」で怪しい噂が浮上

(C)まいじつ

『HKT48』の宮脇咲良が4月22日に大阪市のATCホールでおこなわれたイベント『HKT48 1stアルバム「092」シチュエーション写真会』を欠席した。このことについて、ファンのあいだで波紋が広がっている。

「公式ホームページ上で宮脇の欠席理由について、《Mnet「PRODUCE48」の収録スケジュール及びレッスンスケジュールが急遽変更となり、帰国予定日がずれ込んでしまったため》と説明されています。この発表をAKBファンのなかの“アンチ宮脇派”は言葉通りに受け取っていません。『またバージョンアップか?』と噂されています」(AKBライター)

宮脇は、AKBグループと韓国のオーディション番組『PRODUCE 101』がタイアップする新プロジェクト『PRODUCE 48』の仕事のため、韓国で仕事をしていたという。

「韓国にAKBの姉妹グループを作るということのようです。これには研究生を含めたAKBの全メンバーがオーディションによって参加できる。現地の人間で構成される『JKT48』(ジャカルタ)や『SNH48』(上海=現在は契約解消)とは違い、日本色が濃いグループになるみたいです。その中心となるのが宮脇なのです」(同・ライター)

 

すでに宮脇がPRODUCE 48のセンター内定か

PRODUCE 48への参加は宮脇以外に『SKE48』の松井珠理奈、『NGT48』で活躍する柏木由紀の名も出ている。

「AKBグループプロデューサーの秋元康氏は、韓国で人材発掘と、日本で勢いのなくなったAKB市場を広げたいところでしょう。韓国芸能界は無給に近い“奴隷制度”が、いまだにはびこっています。日本の芸能界は、韓国人タレントにとって憧れの場所です」(テレビ雑誌編集者)

このPRODUCE 48でセンターを務めるのは、すでに宮脇に内定したという情報もある。

「宮脇は韓国好きで、自ら韓国行きを希望したといいます。今回の写真会の欠席も、仕事もあるでしょうが、ほかに“お直し”の方が長引いたという話もあるのです。AKBを卒業した元人気メンバーは宮脇のことを『整形モンスター』と呼んでいたと噂になったこともありました。それが本当ならば、韓国グループのセンターでいた方が幸せかもしれません」(同・編集者)

宮脇が韓国を拠点にする可能性もありそうだ。

 

【あわせて読みたい】