ゾゾ社長が「スキャンダル処女」剛力彩芽との交際報道を認める

(C)まいじつ

4月26日発売の『女性セブン』が女優の剛力彩芽の交際を報じた。相手は、ファッション通販サイト『ZOZOTOWN』を運営する『スタートトゥデイ』社長の前澤友作氏だ。

報道によると、4月下旬の夜に東京都内のスタジオでドラマ収録を終えた剛力が向かった先は、路上に停められた1台の高級外車で、楽しそうに前澤氏に寄り添う剛力の姿が写真にも収められていた。会話の内容はその日の出来事なのか、ふたりは腕を自ら絡めながら話し続けていたという。

「前澤氏は一代で株式時価総額約1兆円ともいわれる企業『スタートトゥデイ』を築いた人物。性格も温厚で知られ、海外にいくつもの別荘を持っています。剛力はすごい男をつかまえたものです」(芸能記者)

出会いは2カ月ほど前で、雑誌のアート系の取材で意気投合し、最近になって交際をスタートさせたという。前澤氏も自身のツイッターで交際報道の内容を認めている。

「前澤氏は、日本でも有数の大富豪です。美術品への造詣も深く、個人資産は約4000億円、美術品資産は500億円に上るといわれています。かつてメジャーリーガーのダルビッシュ有の元妻である紗栄子との交際に注目が集まりましたが、昨年8月に破局が報じられました。今回の剛力とは、報道で見る限りかなりいい雰囲気ですし、一気に結婚までいきそうな気配です。事務所を辞めるときの違約金なら前澤氏がすぐに払えるでしょう。年末あたりに動きがあるのではないかと感じています」(芸能ライター)

 

剛力の初スキャンダルに所属事務所は…

剛力はこれまでスキャンダルを報じられたことがなかった。さらに、現在は所属芸能事務所がトラブルを抱えているため、対応が注目されている。

「剛力は10歳のときに出場した『第8回全日本国民的美少女コンテスト』をきっかけに芸能界入りしましたが、“スキャンダル処女”と呼ばれるほど、いままで一度も交際が報じられたことはありませんでした。気さくな性格でモテそうなのですが、剛力が所属する芸能事務所は恋愛に厳しく、本人もそのことを自覚していたといいます。もしかすると、今回の報道で事務所の上層部に呼び出されることがあるかもしれません。なにしろこの事務所は、社員の大量退社が話題になっていて、その原因が武井咲の“暴走結婚”にあると囁かれています」(テレビ局関係者)

剛力と前澤氏の動向に注目が集まる。

 

【あわせて読みたい】