お色気シーン期待大!AbemaTVの「夜の大運動会」

digi009 / PIXTA(ピクスタ)

digi009 / PIXTA(ピクスタ)

インターネットテレビ局AbemaTVのチャンネル『AbemaSPECIAL 2』で、特別番組『邪道だらけの夜の大運動会2018』が、4月30日午後9時から6時間にわたって生放送される。『恵比寿マスカッツ1.5』、『仮面女子』、『プラチナム軍団』、『ピーチゃん軍団』の4組が優勝賞金100万円を目指し、リレーや三輪車競争、玉入れなどの競技に挑む。

「芸能人の運動会や水泳大会は、2000年より前の地上波では人気を博しましたが、現在は自主規制の形で放送されることはなくなりました。深夜番組のコーナー枠でグラビアアイドルがゲームなどを行うことはありますが、生放送で6時間というのは、まさにインターネットテレビならではの企画と言えるでしょう。売り出し中のグラビアアイドルやセクシー女優が多数出場する予定なので、セクシーシーンが大いに期待できると思います。『水着ドッジボール』といったようなお色気競技では、カメラを自分自身に向けさせるために、際どいポーズでアピールするアイドルが出てくるのは間違いありません」(芸能記者)

 

司会を任されるおぎやはぎの「手腕」に注目

総合司会はお笑いコンビ『おぎやはぎ』が担当する。おぎやはぎは同局の『おぎやはぎの「ブス」テレビ』でも司会を務めており、アイドルから数々のHな発言を引き出すなど、その扱いが秀逸なだけに期待が高まっている。実際、3月26日のブステレビの放送回では、タレントの筧美和子に「(Hのときに)リアクションが薄い。感情を見せてほしい(と元彼に言われたことがある)」と、“マグロ”であることをカミングアウトさせ、ネット上では《筧美和子とHしていた元彼に嫉妬》、《マグロでもいいから抱いてみたい》などと、大きな反響があった。

「最近のバラエティー番組では、ひな壇に座るタレントも何か特徴がないと番組に呼ばれることが難しくなっています。おっぱいが大きい、スタイルがいいというだけでは勝ち残れません。それではと、お色気でアピールしようとしても、そういった番組自体が減ってきています。大運動会には筧が所属する芸能事務所のタレントがプラチナム軍団として多数出演しますが、これからは地上波ではなく、ネットテレビがお色気をアピールする場となっていくでしょう。ネットでは、アイドル好きの視聴者も多いですから、“ポロリ”シーンでアピールするセクシー女優が見られるかもしれません」(同・記者)

年々、自主規制という名のもとに地上波のテレビ番組はつまらなくなる一方だ。特にお色気シーンに関しては、インターネットテレビが“最後の砦”になることだろう。

 

【画像】

digi009 / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】