瑛太「錦戸亮フルボッコ」騒動の真相

(C)まいじつ

俳優の瑛太が、NHKの大河ドラマ『西郷どん』で共演している『関ジャニ∞』の錦戸亮に恵比寿の高級ラウンジで殴りかかったと一部で報じられた。通常ならば事件化されてもおかしくない一件だが、いまいち謎が多いのも事実だ。果たして真相は?

一部報道によると、瑛太は錦戸や関係者と高級ラウンジに入店したところ、酔っ払った錦戸が中指を立てるなどして瑛太をからかったそうだ。これに激高した瑛太は錦戸に飛びかかり、さらに馬乗りになって殴りつけたという。

「瑛太は酒癖が悪いことで有名で、過去にはカラオケ店で大暴れしたこともあります。結婚して父親になり、最近はすっかり落ち着いたと思われていたのですが…。一方の錦戸も、瑛太以上に酒癖の悪さが有名で、クラブで泥酔しているところを目撃されたことは数え切れないほど。酒に酔っ払って調子に乗ったため、半グレに殴られたという情報が駆け巡ったこともありました」(芸能関係者)

 

錦戸が公に姿を現したときに…

酒癖の悪い瑛太と錦戸と揃ったため、今回の一件は多くの人に真実と受け止められている。だが、その一方で錦戸のファンからは疑問視する声も上がっている。

「殴られたと書かれた数日後に、錦戸くんは渋谷(すばる)くんの会見に出席しています。そのときはまったく殴られた痕跡がなかったため、ファンのあいだでは『本当なの?』と信じない人が多いですね。女の子がいる店で酔っ払ったというのは本当でしょうけど…」(錦戸のファン)

確かに何度も殴られたのであれば、錦戸の顔は腫れ上がっているはずだ。いくらメイクをしたところで、とても表に出られる状態ではないだろう。

「酔っ払って調子に乗った瑛太が怒ったことは事実です。錦戸は前後不覚になったため、体を押さえつけて落ち着かせるくらいはしたみたい。だけどボコボコにするようなことはなかったと聞いています」(前出関係者)

今回の騒動の原因を作った錦戸は、瑛太に謝罪を重ねているという。

 

【あわせて読みたい】