事務所と和解のローラが「謎行動」?

(C)まいじつ

SNS経由で所属芸能事務所との和解を発表したモデルのローラ。SNSに写真をアップする頻度は変わらないが、ツイッターでは同じ写真を“連投”する謎の状況が発生し、ファンが首をかしげている。

ローラは4月27日にツイッターとインスタグラムを同時に更新し、和解を発表した。

その後、ローラは事務所との和解の詳細には言及せず4月29日に1枚、5月1日午前に1枚、それぞれ写真を投稿した。5月1日の写真には《Bougainvillea is everywhere Happppppy》と記されていて、Bougainvilleaは熱帯性の低木のブーゲンビリアをさすと思われる。ローラは赤く咲き誇る木の下でサングラスをかけて笑顔を見せている。

だが、この投稿と同じ写真が5月1日午前5時33分から34分にかけて連続して5回投稿された。4月29日の写真も深夜の時間帯に相次いで5回にわたり、同じ写真が投稿されており、5月1日現在いずれの投稿も消されていない。そのため、ファンは疑問を抱いているようだ。

《ローラTwitterにインスタのUP毎回連投してる。なんでだろうね。インスタは普通だったのに》
《最近のローラ、連投してTL荒らしがち》

 

連投の原因は?

ツイッターの情報を総合すると、ツイッターとインスタグラムの両サービスを連携させるソフト『IFTTT(イフト)』の設定に不備があるようで《ローラ、インスタとTwitter連携させるとき連投しすぎよね。IFTTTの設定間違えてるよね。教えてあげようか。笑》とIFTTTユーザーは指摘していた。

ローラのミスか事務所のミスかは定かでないが、事務所トラブルの“余波”でないことを祈りたい。

 

【あわせて読みたい】