村本大輔「山口達也わいせつ事件」言及で炎上を扇動

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

お笑いコンビ『ウーマンラッシュアワー』の村本大輔のツイートが、インターネットユーザーから注目を集めている。村本は、4月25日に『TOKIO』の山口達也の事件に関して次のように投稿した。

この投稿に対して、非難の返信が数多くあった。

《他人の不幸のネタ真っ先に利用してるやん笑 何一つ響いてこねぇよ(笑)》
《女性に対する性犯罪は男の失敗。だから叩く奴はおかしいとする村本大輔メンバー。お前の方が人としての基準がおかしい。》
《失敗ではありません、「加害」ですよ。もし、山口氏のやったことが「不倫」や「違法薬物の使用」だったなら「直接の被害者」は存在しないのでこの意見に同意できますが、実際は被害者のいる事件ですからね。しかも、未成年の。非難されて当然でしょう。》

だが、村本はさらに炎上をあおるような投稿を繰り返した。

 

「炎上商法」だという指摘が多数

これらに対して、“炎上商法”だと指摘する返信もある。

《便乗商法ですか?》
《論点がずれてると思います。いたいけな少女に性的暴行を働いた犯罪者を糾弾してどこが悪いのでしょうか?むしろこんな的外れなことを炎上狙いでツイートしている貴方のほうが余程みじめだと思いますよ。》

ネットの掲示板でも村本の炎上商法に批判的な投稿は多い。

《便乗芸&炎上商法だね この人こんなんばっかり》
《便乗して名前を出してもらおうとするな 芸で名前を売れ》
《誰も相手にしなきゃいいのに。炎上するから調子乗る。》

SNSで炎上騒ぎを起こせば注目度が高くなるので、過激なことを投稿して炎上をしてきた芸能人や著名人は枚挙にいとまがない。だが、その後も続けて活躍している者は数少ない。村本もその場で炎上しても後には何も残らないことを知った方がいいかもしれない。

 

【あわせて読みたい】