国分太一が再び「嗚咽を漏らして謝罪」記者会見を前に…

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

5月2日の朝に情報番組『ビビット』(TBS系)が放送され、司会で『TOKIO』国分太一が出演した。前日には強制わいせつ容疑に問われていた山口達也を除くTOKIOのメンバー4人がこの日の午後に記者会見すると発表されていた。

記者会見直前とあって国分は詳細は語らなかったが、ゲストの江原啓之からの気遣いの言葉に嗚咽を漏らしながら涙する場面もあった。

番組では、前日にジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が謝罪文を報道各社に送ったこと、2日午後にTOKIOのメンバーが4人で記者会見することなどをVTRで紹介した。VTRの放送後、国分は「起訴猶予という言葉が付いている。山口が犯した罪は紛れもない事実だと言うことが分かった。被害者とそのご家族の不安な思いを拭いきるのは非常に難しい」などと、山口の行為を改めて謝罪した。

この日、スペシャルゲストとして番組に出演した江原に話が振られると「そんなときにわたしが聞いちゃうのは申し訳ないけれども」と前置きしつつ、「ほかのメンバーの活動は続けていくんでしょ?」と質問した。国分は「そのへんに関しましても、きょうの会見でメンバー4人から話そうと思っています」と言葉を濁したが、江原は「続けていくべきと思いますよ」、「グループ内の結束の学び、修業だ。活動はしっかりやってこそ、グループ全体の償いだ」などと4分近くにわたり力説した。

 

江原の意見にさまざまな投稿

国分は江原らの言葉を受け「本当に申し訳ない」と話したところで話に詰まり、号泣していた。かつて『オーラの泉』(テレビ朝日系)で共演経験のある国分と江原のやり取りに、ツイッターではふたりのファンからは温かい声が寄せられた。

《今日たまたま出演の江原さん、偶然は必然てこゆことなんだな。出演者皆んな国分くんのこと想って温かい。テリーがいなくて本当よかった》
《江原さんが一緒に出てるのすごく安心感》

しかし一方で、江原が長々と持論を展開したことについては抵抗感を覚えた視聴者も一定数いたようだ。

《結果的に国分さんを追い詰めるように思えたのは自分だけかなぁ》
《江原啓之はなんでこんな凄まじいくらいに偉そうなんだろうか。国分太一はただお詫びするしかない立場だし、あそこまでガンガン上から目線でモノ言って楽しいのか》
《そういうのは後でコソッと国分に伝えりゃいいだろ。公共の電波使うな》

午後の記者会見でTOKIOメンバー4人からどんなことが語られるのか、注目が集まっている。

 

【あわせて読みたい】