武田鉄矢の「妄言」に小島瑠璃子が露骨な不快感示し喝采

(C)まいじつ

タレントの小島瑠璃子が5月6日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)にコメンテーターとして出演し、同じく出演していた武田鉄矢の発言に思わず顔をしかめてしまう一幕があった。

この日の放送では、仕事が終わってまっすぐ家に帰らず、外で時間をつぶしているサラリーマンのことを指す『フラリーマン』が増えているという話題を取りあげていた。なぜ、寄り道が必要なのかという質問に対し、松本は「男にとって大事なんですよ、フラフラ感が。仕事と家庭のあいだにグレーゾーンが無いと。男は早着替えみたいなことはできない」と持論を展開。すると、すかさず小島が、「それを女の人は許されてないから」と反論し、佐々木恭子アナウンサーも「女の人には(寄り道する)選択すらできない」と同意した。

そして最後に武田が「わたしの考えって訳じゃないけど」と前置きした上で、「男ってフラフラしないとダメって所があって。お父さんが家で一番大事な仕事は、家に帰って嘘をつくこと。そのためには考える時間が必要なんですよ」と発言した。さらに「家庭って唯一、法律に縛られない空間で、飯食って黙って出て行って、警察に通報されないのは家庭だけ。法を逃れた場所として、もう一回、家庭を考えましょう」とまとめた。

これに小島はあきれたようで、武田の発言のあとに小島の冷ややかな視線とともに顔のアップが映し出されていた。

また、武田の好感度や批判を無視した発言に、松本は「きょうで武田さん、もう芸能界引退?」とつっこんでいた。

 

小島が女性の意見を代弁

最初は武田の発言に対して「いい話だ」と相槌を打っていた小島。しかし、女性の意見を代弁した上で、いつになく露骨に嫌がる顔つきに変わっていった。この小島のリアクションに対し、ツイッターでは賞賛の投稿が多くされている。

《ラストの武田さんにイラつく小島さん最高だった》
《小島瑠璃子が「何言っているんだコイツ?」と言う顔になっている》

武田の発言を最後にして終えると、特に多くの女性が不快に感じるだろうが、小島が怒っている態度を見せることで、番組制作側が最後に笑いとして成立しているように思われた。以前、ワイドナショーでは松本とヒロミが小島の立ち振る舞いを絶賛していたことがある。今回も周囲が期待したリアクションを見せることができたようだ。

 

【あわせて読みたい】