滝沢秀明「中居正広追放」を画策中!

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

ジャニーズ事務所内部での“内紛”が囁かれ始めた。滝沢秀明が中居正広の“追放”を画策しているというのだ。

「滝沢のジャニーズ内での序列は近藤真彦、東山紀之に続く3番目に位置しています。このままいけば東山に続く幹部になる予定ですが、その前に邪魔者は消しておきたい。その筆頭が中居なのです」(ジャニーズライター)

滝沢と中居の不仲は、以前からジャニーズファンのあいだでは有名だ。かつて放送されていた『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に滝沢の出演が予定されていた際、中居が嫌い、当時マネジャーだったI氏に使わないように進言したことがあるという。

「滝沢はジャニーズのメリー喜多川副社長と藤島ジュリー景子副社長のお気に入りといえる存在です。一方で中居は両者のことを嫌っていて、ジャニーズの後輩と飲むときなどに『ジュリーだかメリーだか、一体どこの国の人間だよ』、『ごますりナンバーワンは滝沢か』などと、よく笑い草にしていた。それを滝沢は知っていて、中居とは犬猿の仲なのです。だから滝沢も以前から中居のことを煙たがっているのです」(同・ライター)

 

滝沢の狙う「足場固め」

滝沢の動きは、ジャニーズ事務所内の上層部の動きを睨んでのものだという。

「ジャニーズは近い将来、高齢な実質的社長のメリー副社長に代わって、ジュリー副社長が社長になるのが既定路線です。メリー氏は東山が嫌いなので、現在の体制のうちに滝沢が功績を作れば、東山を脅かすような3番手になるでしょう」(女性誌記者)

滝沢は自分を嫌う中居を引きずり落とし、“地位の安定”を狙っているそうだ。中居は現在、ジャニーズ事務所の稼ぎ頭だが、今年に入ってCMが減るなど、仕事の状況は芳しくない。

「滝沢はジャニーズの上層部に働きかけて、中居の仕事を減らしたいと画策しているようです。できれば、山口達也が問題を起こした『TOKIO』もバラバラにして力を削ぎたい。年長組を潰していけば、自分の地位がそれだけ安泰になるからです」(同・記者)

中居は現在、ジャニーズ事務所からの移籍先探しをしているようだ。

 

【あわせて読みたい】