山口達也のジャニーズ退所に「元先輩」が見せた表情

(C)まいじつ

女子高校生への強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となった『TOKIO』の山口達也が、グループを脱退した上でジャニーズ事務所からも退所すると、5月6日に同事務所が発表した。

ジャニーズ事務所から報道各社へ『当事務所所属、山口達也に関する契約解除のお知らせ』という題名のファクスが送られ、《山口達也の処遇につきましては、5月2日のTOKIOの4人のメンバーの会見において本人からの辞意表明があった旨の説明がございましたが、重ねて6日本日、本人からも直接、弊社に対し強い意思表明がございました。それを踏まえ本日、弊社社長とTOKIOリーダー城島茂との協議が行われ、この申し出を受理する決断に至りましたことをご報告申し上げます。》とし、山口の退職願を受理したと発表した。

また、ファクスには《山口の今後について》という項目があり、《山口の籍は残りませんが、彼を長年育んできた立場として、彼が健やかな一人の人間としての精神と振る舞いを取り戻し、被害者の方の許しを十分に得た上で、どのような形であれ未来を描けるまでを具体的に支援することが弊社の責任と考えます。》と記されている。

 

生放送中に山口退所を知った「元先輩」

この突然の発表に対して、インターネット上では賛否両論の投稿があった。

《最後色々有りましたがお疲れ様でした》
《まあ、妥当。残った4人にはこれからも頑張って欲しい》
《発覚直後の会見などから考えて、本人に強い辞意があったとは思えない。詰め腹を切らされた、ってのが本当のところだと思う》
《やっとか! 最初から解雇すればよかった話》
《当たり前》

また、元所属事務所の先輩にあたる稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾は、5月6日に生放送された『7.2新しい別の窓』(AbemaTV)の出演中にこのニュースが大きく報じられ、ゲストの水道橋博士から「いまニュース見た? 山口くんが脱退したって…」と3人に話すと、3人はそろって驚いた様子を見せた。なかでも香取は眉間にしわを寄せて苦い表情をみせていたという。

これから山口は事件の要因といわれたアルコールに対する治療に入るとみられている。克服した姿をTOKIOの4人に見せられるかは、山口の意志が不可欠だと言えるだろう。

 

【あわせて読みたい】