小山慶一郎が「嫌いなジャニーズ」実質1位に選ばれた背景

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

4月に一部の女性週刊誌が発表した『嫌いなジャニーズ2018』のアンケートランキングで、『NEWS』の小山慶一郎が2位にランクインした。1位は“いない”という回答だったことを踏まえると、小山が実質的な1位だったといえる。

「ジャニーズ事務所のグループのなかでNEWS自体に存在感がなく、小山自身の人気もあまりない。特に元NEWSの山下智久と小山は仲が悪く、小山自身にもグループを辞めたメンバーについて露骨に皮肉を言う癖があります。それが小山の不人気に拍車を掛けているのです」(芸能ライター)

小山は現在、日本テレビのニュース番組『news every.』にニュースキャスターとして月曜日から木曜日まで出演している。2010年から出演し始め、当初は週に1回という出演ペースだったが、仕事ぶりが評価されて出番が増えた。

「確かに小山のアナウンス能力は高い。局アナと間違うほど声も発音もいい。キャスターが本業でもやっていけるでしょう」(ジャニーズライター)

しかし、このニュースキャスターとしての小山がファンから嫌われているというのだ。

 

キャスターはアイドルじゃない

「いくら小山がキャスターとして優秀でも、それはアイドルじゃないということなのでしょう。キャスターを優先するならアイドルを辞めてくれ、という気持ちなのです」(同・ライター)

小山の仕事内容がアイドルから離れていっているという指摘もある。

「小山とジャニーズ内で唯一の仲間とされる加藤シゲアキは、TBSの『NEWSな2人』で社会問題についてインタビューや討論をしています。深夜番組ですが、小山が知的な番組内容にこだわっているのです。純粋なアイドル性を求めるファンには、小山はジャニーズには不要な人間ということなのでしょう」(女性誌記者)

小山は2007年に明治大学を卒業し、模範卒業生に選ばれている。アイドルが適職ではなかったのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】