サーバーダウンを引き起こしたKAT-TUNのネット配信番組

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

TBS系列で2016年まで放送されていた『KAT-TUNの世界一タメになる旅!』が動画配信サービスで『KAT-TUNの世界一タメになる旅!+』として復活し、いきなりサーバーダウンを起こすほどの人気ぶりを見せ付けている。

KAT-TUNの活動再開に伴い、動画配信サービス『Paravi』に舞台を移したこの番組は、メンバーが“天の声”と呼ばれる番組スタッフの指令に応えていく旅番組で、ジャニーズ事務所所属のタレントに対しても多少の無茶な要求をするところが人気だった。初回は5月3日の午後11時半から配信が始まったのだが、直後にファンの悲鳴が上がる事態となった。

「配信スタートしてすぐにアクセスが集中しすぎたのか、インターネット上では《つながりにくい》といった書き込みが多数見受けられました。《地上波で見せて》という悲鳴も上がっていましたが、無理もないでしょう」(芸能関係者)

 

好きなジャニーズ1位を裏付ける反響

ジャニーズ事務所のタレントが冠を務めるバラエティー番組が動画配信サイトでレギュラー番組になるのは、今回が初めての試みだ。予想以上に反響があったということだろう。

「先日、女性週刊誌で『好きなジャニーズ』というアンケート結果が発表されましたが、そこで亀梨和也が1位になっていました。今回のサーバーダウンはその結果を裏付けるような出来事と言ってもいいでしょう」(同・関係者)

先日は東京ドームでの復活コンサートを大盛況のまま終えたKAT-TUN。メンバーは3人となったが、人気の勢いは活動休止前以上にパワーアップしたのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】