山口達也わいせつ騒動でジャニーズがフジテレビに激怒

ユフォト / PIXTA(ピクスタ)

ユフォト / PIXTA(ピクスタ)

『TOKIO』の山口達也が未成年への強制わいせつ容疑で書類送検された一件は、最終的に山口とジャニーズ事務所の契約解除という結末を迎えた。だが、この騒動はまだ終わりを迎えていない。ジャニーズ事務所がフジテレビに怒りを露わにしているという。

山口は酒に酔った末に女子高校生を自宅に呼び込み、無理やりキスをするなどのわいせつ行為を仕掛けるという悪質極まりない行為のため書類送検された。不起訴処分となったものの、山口を管理する立場のジャニーズ事務所は事件発覚早々から山口に対して怒り、呆れ果てていたのだが、それとは違ったベクトルでフジテレビにも怒りの矛先を向けている。

「山口の謝罪会見のあとに、フジは山口の自宅に本人と未成年の女性2名以外にもう1名の男性がいたと速報で報じていました。会見で山口が話した内容と違うと“嘘付き呼ばわり”までしていたのですが、その日の夜に誤報だったとして謝罪に至っています。ジャニーズの幹部たちはフジの“暴走”にブチ切れていて、猛クレームが入っていました」(フジテレビ関係者)

ジャニーズ事務所にとってこの誤報と同様、もしくはそれ以上に許せないのが“顔舐め報道”だという。

 

わいせつ行為について詳細に報道したフジ

「日ごろからジャニーズと付き合いのあるテレビ局や新聞、雑誌はキス“など”をしたとしか報じていません。もちろんジャニーズへの忖度があったからです。それにもかかわらず、フジはわざわざ『顔を舐めた』などと詳細な模様を報じ、山口の性癖を暴露しました。ジャニーズはフジの一連の報道をかなり深く根に持っており、将来的に所属アイドルをフジからすべて撤退させることもありえる状況です」(テレビ局関係者)

一方のフジテレビ側も、表面上は謝罪したが、ジャニーズ事務所の強硬な姿勢を快く思っていない勢力が社内に存在しており、前出のフジテレビ関係者によると「密かに反撃のチャンスをうかがっている」状態だというという。

蜜月関係だったジャニーズとフジテレビのあいだに、大きな亀裂が入っている。

 

【画像】

ユフォト / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】