香里奈「香港でのイベント」もふるわず引退危機

香里奈

(C)まいじつ

一時期は男女問わずに人気のあったタレントの香里奈に引退説が浮上している。香里奈は5月6日に写真集『G 香里奈』の発売を記念して香港でイベントを開催した。

「日本でこの写真集は2月に発売されています。それを3カ月後に香港で発売するというのは、“在庫整理”のようにも思えます」(写真集編集者)

香港のイベントは、参加料が8000円。サイン入りの写真集が本人から直接手渡されるが、写真集の価格自体は日本で3240円。イベント特典に5000円近く上乗せされている仕組みだ。

「日本では写真集発売のイベントは一種の宣伝のようなもので、握手やサインして売るというのもよくある話です。でも、購入特典としておこなわれることが大半で、写真集の代金以上に金銭が発生するというのは少ない。市場拡大というより、利益出しと思われても仕方ないやり方でしょう」(同・編集者)

香里奈のオフィシャルサイトには今後の仕事の予定が掲載されていない。そのため、香港での“在庫整理”のようなイベントのことも含めて、香里奈に芸能界からの引退も囁かれている。

 

2014年の致命的なスキャンダル

「語学留学先のハワイで知り合った台湾人男性とのベッド写真が2014年に写真週刊誌に掲載されてしまいました。大股開きでベッドに寝そべっているところで、右手で黒いパンティーの上から自身の陰部を触っているような写真だったのです。実は黒いパンティーは合成したもので、実際には丸見えだったという噂もあります」(写真誌関係者)

このスキャンダル報道後、香里奈は1年ほどメディアに姿を見せなかった。2017年に連続ドラマ『嫌われる勇気』(フジテレビ系)で主演を務めたが、全話を通じた平均視聴率が6.5%と不振に終わっていた。そのため、再びテレビ画面で見ることがなくなっている。

「スキャンダル以来、もうイメージが悪過ぎてCMでも使えません。本人は引退を考えたというので、もう海外、アジアで仕事をするか、本当に引退しか手はないでしょう」(芸能プロダクション関係者)

スキャンダルのイメージが払拭されることはあるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】